役に立つヒント

クラフトの達人になり、職業別にビジネスを開く方法

発行日:2016年7月13日

どこでどのように縫うことを学ぶのですか?豊富なチュートリアル、トレーニングビデオ、アマチュアおよびプロフェッショナルコース、教育機関のプロフェッショナルエリアは非常に優れているため、トレーニングの種類とその期間の選択に問題が集約されます。

技術を習得するための主なものはプロのミシンとオーバーロックを購入することだと誤解している人もいます。残念ながら、これでは十分ではありません。布地を理解し、パターンを構築し、製品を形に合わせるのは、女性の裁縫師にとって直線を作ることと同じくらい重要な作業です。そして、これを独力で学ぶことはやや難しいです。

最初の方法:職業の独立した開発

自分だけのために縫う方法を学びたい人にとっては、自習は良い解決策です。今日のインターネットには、さまざまな製品を縫製するための段階的な手順、ファブリックの選択のヒント、カット例、その他の有用な情報を含む多くのサイトとビデオチュートリアルがあります。本やテーマ雑誌も縫製の習得に役立ちます。

十分な自由時間、忍耐、熱意を持って、自分で裁断と縫い方を学び、生得の才能と創造的思考を持ち、独自のモデルの作成を始めることさえできます。ただし、アマチュアのレベルを超えるためには、専門的なトレーニングを受けることが依然として望まれます。

2番目の方法:専門教育機関でのトレーニング

仕立て屋の職業を人生の問題にすることである場合、専門教育を受ける価値があります。工場やアトリエで働くには、縫製大学、学校、専門学校の卒業証書があれば十分です。しかし、さらに先に進みたい場合は、高等専門教育について考える価値があります。これは、著作権モデルを作成することで、キャリアのはしごを登り、創造性の可能性を明らかにするのに役立ちます。

第三の方法:縫製と縫製コース

コースは、自分で裁断して縫う方法を学び、職業の正しい選択を決定する絶好の機会です。資格のあるスペシャリストが、衣服の裁断と縫製の技術の複雑さを明確かつ明確に説明し、主要な点に焦点を当て、縫製機器の使用方法を教え、生地の種類と人物の特徴を理解します。

有料コースはすぐに成果を上げます。衣服の修理の節約は費用を払い戻します。さらに、習得した知識とスキルにより、親relative、友人、知人のためにカスタムメイドの服を縫うことができ、将来はあなた自身のビジネスを開くことができます。

コースを選択するときは、理論が実践によって強化されるコースを優先してください。メモを取るだけで縫い方を学ぶことは不可能です。良いコースでは、知識を統合しスキルを伸ばすために、必然的に広範な実践的な演習が必要です。

仕立て屋にとってどのような品質が重要ですか?

仕立て屋の職業は常に高く評価されていましたが、成功したのはごくわずかです。ファッショニスト、ドレスメーカー、仕立て屋、ファッションデザイナー、縫製に人生を捧げるすべての人の仕事は複雑で骨が折れるため、成功するためには、あなたは多くの努力をし、自分の中でプロの資質を開発する必要があります。

誰もが「服で会う...」ということわざを知っているので、第一印象は重要です:きちんとした仕立て屋と手入れの行き届いた職場。そして、「糸と針の達人」になることがさらに重要です。成功するには、次のような品質が必要です。

  • 忍耐
  • 精度
  • 忍耐
  • 良い思い出
  • 手品
  • 敏感な指
  • 豊かな想像力
  • 正確な目
  • 芸術的な味。

職業では個人の資質が重要ですが、主な役割は依然として専門的な知識とスキルによって果たされます。

この職業があなたに合っていると感じますか?がんばれ!良い仕立て屋への需要は常に高く、その上、「何も着ない」という永遠の問題に直面する必要はありません。

人気の記事

  • シンプルで効果的なティアードスカート-建設オプション
  • このような難しいシンプルなペンシルスカート:よりスリムな効果を達成するために設計する際に考慮すべきこと
  • フィットネックラインネックラインを達成する方法-デザインテクニック

DOU「OTs」Aristek「

実装ライセンス
教育活動
政府教育委員会
サンクトペテルブルク第3354号、2018年3月13日付け

発行されたトレーニングの完了時に
標準証明書
法律に従って
「ロシア連邦の教育について」No. 273-FZ

ドレスメーカーになることにした理由

私の名前はエフゲニア・ウラジミロフナです。私は48歳で、ウスリスク市に住んでいます。ほぼ30年間、仕立て屋として働いています。幼少期から私は常に何かを縫い、切り、刺繍しました。私の人形は、最もファッショナブルで豪華な服装で、ガールフレンドのen望の的でした。秘密は、私の家の近くにアトリエがあり、毎晩掃除婦が玄関に立っていた容器に色とりどりの布の山を運んだことです。一般的な不足にもかかわらず、コンテナ内にあらゆる種類の組織が見つかりました。ブロケード、ベルベット、毛皮。おそらく、テーラーになるという私の夢が生まれたのでしょう。私が住んでいた作業村には、仕立て屋や少なくとも仕立て屋を訓練するための教育機関がありませんでした。そして、これが判明したように、これは別の職業です。これについては少し後で説明します。

仕立て屋と仕立て屋の違いは何ですか

中学2年生を終えた後、私はウスリスク市の職業訓練学校28号に入学し、そこで3年足らずで仕立て屋になることを学びました。そのとき、仕立て屋は私が夢見ていたものとはまったく違うことに気づきました。テーラーになりたかった。

仕立て屋は、高い資格によって仕立て屋と区別されます。仕立て屋は、製品を完成したパターンにカットし、最初から最後まで製品を縫うことができ、仕立て屋は特定の縫製生産作業を専門としています。原則として、仕立て屋は個々の注文で衣服の修理と縫製を行うアトリエで働き、仕立て屋は縫製工程のすべての作業が労働者に明確に分散している工場で大量のインライン生産を行います。

専門仕立て

最初から最後まで、すべてを自分で行う方法を学びたかったのです。仕立て屋になることを学んだ後、私は専門学校に入学しました。 3年後、彼女はテーラーカッターの専門を受け取りました。今、私は服を縫うために必要なすべてを知っていました。どんなモデルでもデザインしてカットできました。いずれにせよ、私はそれを確信していた。

縫製の繊細さが後に私の仕事に非常に役立ったので、私は最初から職業を学び始めたのを全く後悔していません。特定の布地で作業する際に、どのような針と糸を選択するかを知って、組織、それらの手入れの複雑さを理解することを学びました。ミシンの修正方法、ステッチの調整方法は知っていました。つまり、物を台無しにすることを恐れていませんでした。テーラーテーラーの職業を取得し、パターンを構築し、測定を行い、既存のパターンを変更する方法を学びました。私は最初の仕事に完全に準備ができていました。 。

仕事からの雇用と喜び

私の最初の仕事は、アトリエの仕立て屋でした。卒業後、優等で卒業証書を受け取ったので、私は簡単に仕事を得ました。もちろんそうです!とても喜んで勉強しました。

それから、インタビュー中にインタビューを成功させて仕事を得る方法を理解できなかったのですが、マネージャーは私が連続生産の工場で働いたことがないことを非常に喜んでいました。ある手術に取り組むと、女の子は教育機関で得たスキルを失うことがわかります。

工場で働いた後、アトリエに入ることははるかに困難になります。最初はスタジオで仕立て屋として働いていました。カッターは私に既製の詳細をもたらしました。最初に「生糸で」縫う必要がありました。最初のフィッティングの後、すべてがうまくいった場合、準備のために縫い目を縫い合わせました。

私はスタジオのクライアントとは仕事をしていませんでした。モデルを議論しスケッチするすべてのアクションはカッターによって行われました。彼はフィッティングを行いました。私はこの作品が本当に好きでしたが、それでももっと欲しかったです。製品を自分で調整して、外出先で頭の中で生まれたモデルやオプションを顧客に提供したいと考えました。

縫製工場でのキャリア成長

ミシンの上に座って、私はここでもっと面白い製品を提供でき、ここで仕上げラインを追加できると思いました。しかし、すぐにスタジオのマネージャーは私の仕事に気付き、カッターに私を転送しました。

最初は経験豊富なカッターの指導者が助けてくれましたが、半年後には自分で仕事をすることができました。私は顧客と協力することに非常に興味がありました。もちろん、すべてのクライアントが私のアイデアや提案を受け入れることに同意したわけではありませんが、アドバイスを求めた人はいました。そして、ここで私は私の想像力に自由な手綱を与えました。繰り返しになりますが、物を縫うのは私ではないので、私は完全な満足を感じませんでした!

スタジオを開いた方法

解決策は、自分のスタジオを開くことができた90年代後半になって初めて現れました。顧客との間に特別な困難はありませんでしたが、その時までに、私と一緒に服を縫うことを望む多くのクライアントがすでにいました。私は何人かの女の子を招待し、仕事を始めました。もちろん、私にとっては簡単なことではありませんでした。裁縫の注文に加えて、私は従業員の仕事の質を管理しなければなりませんでした(私は実際にアトリエの評判を高く評価しました)。

物事が困難になったとき、財務と税務を管理するために会計士を雇いました。レセプションでは、ファッションに非常に精通していて、顧客とコミュニケーションをとる方法を知っている、甘くて笑顔の女の子を連れて行きました。今、私は完全に自分の好きなビジネスに専念することができました。そして、あなたは知っています、30年経った今でも、それは私にとって同じお気に入りで面白いものです。

ゲームはろうそくの価値がありますか?スタジオはどれくらいの利益を上げますか

間違いなく価値があります!スタジオで働いていたときでさえ、私はいつも非常にまともな給料をもらっていました。もちろん、私たちが何の話をしているのかは覚えていませんが、すばらしい住宅を借りたり、よく食べたり、旅行したりするには十分でした。それから私はほぼ全国を旅しました。そして、私は自分のビジネスを開くために貯金することができました。結局のところ、部屋を借りて、紙を作成し、機器を購入しなければなりませんでした。アトリエを開いたとき、私は大規模な生活に慣れていたため、初めて資金不足を感じましたが、2年後にすべてが正常に戻ったので、今は海外に旅行できました。

ペレストロイカの困難な年でさえ、私の好きなビジネスは私にまともな収入をもたらしました。今、私の平均給与は月に18万から20万ルーブルです。これは私の製品を縫うことで得られる収入であり、スタジオで働く女の子たちが私にもたらすお金です。そして、これは-私が会計士と管理者に税金、家賃、賃金を支払うという事実を考慮せずに-きれいです。

収益の調整は、仕事の場所から何を縫い、何の速度と品質で行うかに依存します(会社の評判は非常に重要です)。しかし、もちろん、最も高い収入は有名なモデリングエージェンシーまたはあなた自身のスタジオで働くことから来ます。

平均給与の調整

私のスタジオで働く女の子は、注文の数に応じて異なる収入を得ます。縫う人がクライアントにとって重要でない場合、私は注文を均等に分配して、最終的に誰もが良いお金を稼ぐことができるようにします。彼らの収入の範囲は25〜6万ルーブルです。そして、私は言わなければならない、私たちのスタジオは市内で最も高価ではありません。

テーラー職業の長所と短所

私の職業は収入だけではなく、私が毎日受け取る道徳的な満足でもあります。家族と私はいつも美しく、上品な服装をしていると言っても、それだけの価値はないと思います。私は自分自身と私の愛する人のために、コルセットから毛皮のコートまで、絶対にすべてを縫います。その過程で、毛皮を学びました。寝具を手に入れるのが難しいとき、私は彼を縫いました。娘の新年の衣装はいつも最高でした。そして、もちろん、ステッチされたアイテムはオリジナルであるだけでなく、ファッションブティックで購入されたものほど高価でもありません。

職業のマイナス面では、健康を奪うとしか言えません。関節の視力と状態を注意深く監視する必要があります。視力を失うと、仕事を失うことになります。手についても同じことが言えます。関節炎、骨軟骨症、または他の同様の病気の小さな症状でさえ、あなたの専門的な活動を終わらせることができます。

テーラーの職業の本質

実際、布地の切断や完成品の縫製には多くの専門家が関与しています。ただし、布地のブランクから衣類の完成モデルを作成し、それをクライアントの体型に合わせて調整する方法を包括的に理解しているのは仕立て屋です。

同時に、テーラー専門職にはかなり狭い専門分野がいくつかあります。皮革と毛皮だけで働く人々がいます;織物から衣服を縫う専門家がいます。しかし、スキルのトップは普遍的なテーラーです。

テーラーの責任

この専門家の機能リストには、衣服の裁断と作成に加えて、次のものが含まれている必要があります。

製品の修理作業の実施、

付属品や装飾の他の要素を操作し、

製品の洗浄と包装、

レポートドキュメントを操作します。

職務を遂行するには、専門家は次のことを知っている必要があります。

素材に応じて、さまざまな製品をカット、かがり、縫い目を処理し、洗浄する方法、

さまざまなツールと機器を使用する原則、

最終製品のラベリングとパッケージングのルール。

調整要件

仕立て屋として働くには、スキルと適切な教育が必要です。しかし、専門職で成功するためには、仕立て屋はまた、発達した美的味、人物の特徴の理解、ファッションの原則を必要とします。ここでの次のステップは、原則として、ファッションデザイナーの職業です。そのため、テーラーは常にファッションのトレンドと斬新さに従う必要があります。

テーラーの職業には、それ自身の身体的な限界があります。たとえば、視覚疾患、手の動きが悪い、神経系の障害がある人は、仕立て屋として働くのに適していません。

職場と労働条件

仕立て屋には、雇用のための多くの選択肢があります。アトリエ、服、靴、アクセサリーの縫製のための民間企業です。繊維工場と工場-大量生産での雇用のためのオプションがあります。

専門家のための別のオプションは、教育活動と見なすことができます。現在、非常に多くの教育機関とさまざまなコースがあります。別のオプションは、あなた自身のビジネス(アトリエ)を開き、プライベートオーダーを実行することです。

そのため、テーラーは最適な職場だけでなく、スケジュールや労働条件も選択できます。その活動のために、良い照明を備えた設備の整った快適な職場を持つことが非常に重要です。

テーラーの職業はどこで学べますか?

中等職業教育のさまざまな機関でテーラーの職業を習得することは可能です。将来のテーラーのカリキュラムでは、実用的なスキルとテクニックの開発に正確に注意を払っています。このために、すべての学生は実践的なトレーニングを受けます。そこで、彼らは経験豊富な専門家の指導の下で働き、彼らの専門的な秘密を採用します。

もちろん、以前に仕立て屋であったということは、世代から世代へと受け継がれてきた家業を持つことを意味していました。この場合、当然のことながら、スキルを移転し、実際に問題を学ぶことが問題でした。

しかし、現代のスタジオや大企業では、誰かをゼロから教える時間はありません(理由もありません)。彼らは既製の専門家を雇うことを好む。

テーラー給与レベル

労働市場には仕立て屋の空きが十分にありますが、アトリエや企業では、ほとんどの場合、1.5年から3年の実務経験を持つ、すでに行われた専門家が必要です。

平均して、専門家は月に約4万ルーブルを稼ぐことができます。給与の値は、主に仕立て屋自身のスキルに依存することに注意してください。したがって、彼の給与は100,000ルーブルに達する可能性があります。もちろん、最も有利なオファーは、排他的な衣服に従事している個々の仕立ての企業です。ただし、そこでの資格要件は最も厳しいものです。

仕立て屋は誰ですか?

テーラーは、生地を切ることから部品をつなぎ、完成品を装飾的な要素で装飾することまで服を作ることを主な仕事とする工芸職人の代表です。文字通りの意味でのテーラーは、今日、個々の注文に取り組むマスターと呼ばれています。ほとんどの場合、彼らの仕事の場所は個々の仕立てのアトリエです。

職業の名前は古いロシア語の「パイト」(ファブリック)に由来します。それは、仕立て屋が生地を扱う人であることを意味します。この職業の歴史は、紀元前3世紀に遡ります。古代ギリシャでは、素材の生産とそこから衣服を縫うための最初のワークショップが登場しました。 15世紀以降、テーラーは縫うだけでなく、衣服の新しいモデルを開発します。最高の仕立て屋は ファッションデザイナー、プレタポルテとオートクチュールの衣類を作成します。そのような専門家は、スタイルだけでなく、ファッション全体も形成します。

С развитием технологии шитья и перевода процесса пошива в промышленные масштабы, внутри профессии появились узкие специализации, разделяющие этапы пошива на отдельные специальности. В частности, можно выделить такие наиболее распространенные специализации, как:

  • дизайнер – разрабатывает новые модели одежды и визуализирует их в эскизах,
  • закройщик – специалист, который изготавливает лекала для модели и производит раскрой ткани,
  • швея-мотористка (または単に仕立て屋)-カットの詳細を接続し、テーラーとカッターの指導の下で仕上げます。

個別の仕立てを行う仕立て屋について言えば、彼の職業上の仕事には、クライアントのパラメーターの測定、パターンの作成、パターンに応じた製品の切断、制御標識と線のマーキング、縫製の詳細、湿熱処理の実行、フィッティング中に明らかになった不正確さの修正、ネックの仕上げ、スリーブのデザイン、製品の底部と留め具、および完成品に最大限の効果をもたらすことを目的とした他の多くの操作le骨の外観。

仕立て屋にはどのような性格特性が必要ですか?

テーラーの仕事 この職業の代表者に最も矛盾する個人的資質を要求する。一方で、仕立て屋は創造的な能力を発揮する必要があり、他方では、細心で規律のある専門家だけが、単調で骨の折れる衣服を作るプロセスに耐えることができますが、これは創造的な人々には一般的ではありません。

さらに、専門職務の遂行において、テーラーは次のような個人的な資質に対して非常に役立ちます。

  • 完璧なスタイル感覚
  • 細心の注意
  • 忍耐
  • 責任
  • 社交性
  • ストレス耐性
  • 描く能力と描く能力、
  • ボリュメトリックアイ
  • 鮮やかな想像力
  • 創造性
  • 忍耐
  • きちんとした。

この数学の知識(より正確には幾何学)、材料を理解する能力、その特性と品質、図面を読んで完成した形で提示する能力(図面)、および手の発達した細かい運動能力(結局、テーラーは小さな物体で動作します:針、ピン、ミシンの繊細な機構など)-そして目の前には、「糸と針」の大君主の完全な肖像画があります。

仕立ての利点

衣服なしで現代世界に住むことは不可能であることがたまたま起こりました。さらに、一般的な知恵によれば、彼らは衣服に出会う(つまり、第一印象を与える)。したがって、服を作ることができる専門家は、いつでもどこでも必要でした。そして、これは最も重要なことです テーラー職業の利点。マスターに大きな注文がない場合でも、ズボンの裾上げ、ブラウスの短縮、古いコートの着替えなど、常に小さな作業が行われます。

また、仕事があれば、安定した収入が得られます。さらに、テーラーからの収入はかなり安定しています。経済危機でさえも、人々に衣服の購入を拒否させることはできないからです。個々の注文に合わせて衣服を作るテーラーは、最大の収入を受け取ります。このセグメントには所得の上限はありません。世界的な名声だけでなく、経済的独立も達成したVyacheslav ZaitsevやValentin Yudashkinなどのロシアの巨匠は、これの鮮明な例となります。

ちなみに、針、糸、ミシン(これは最低限)のミシンアクセサリーのセットは、ほとんどすべての家庭で簡単にアクセスでき、利用できるため、専門家は常に余分なお金を稼ぐだけでなく、大きな財政投資なしで自分のビジネスを始めることもできます。

そして最も重要なのは、明るく美しいモデルの衣服を作成できることにより、テーラーは常にファッショナブルでスタイリッシュな服を着ることができ、同時に主要なファッションハウスからのワードローブアイテムの購入に莫大なお金を費やすことはありません。

テーラー専門職の欠点

仕立て屋は主に見知らぬ人のために服を縫うので、マスターとクライアントの好みが一致しない可能性が高いか、同じモデルの異なるビジョンを持っている可能性が高くなります。そして、これがおそらくメインです テーラーの職業の欠如.

さらに、経験の浅い仕立て屋は、多くの場合、材料の損傷につながるミスをします。これは、予期しない材料の損失を意味します。確かに、マスターは自分のポケットから甘やかされて育った材料の代金を支払わなければなりません:その費用をクライアントに払い戻すか、同様のものを買うかです。

この職業には医療上の欠陥もあります。実際のところ、仕立て屋の仕事の過程で、専門家の目は最大の負荷を経験します。したがって、テーラー職業の職業病は眼病と見なされます。

テーラー職業はどこで入手できますか?

テーラーの職業を取得する ちなみにロシアのどの都市でも利用できる多くの専門的な専門学校または大学の1つでできます。この専門分野の教育の質はどこでもほぼ同じであるため、選択する教育機関は関係ありません。しかし、中等特別教育は、テーラー職人の世界でのみあなたのための扉を開くが、テーラーファッションデザイナーではないことを心に留めておく必要があります。

高等教育機関を卒業した後にのみ、最高クラスのプロになることができます。そこでは、ファブリックの使用と構成に関する既に習得したスキルの知識、モデルとスタイルの開発に必要なスキルを追加し、カラーソリューションの使用方法も教えます。そして、ここで選択することをお勧めします ロシアの繊維産業の最高の大学以下が含まれます:

  • モスクワ州繊維大学A.N.コシギン、
  • サンクトペテルブルク州立工科大学
  • カーマ芸術研究所
  • ロシア連邦デザイナー協会の国立デザイン研究所、
  • モスクワ州立工科大学。