役に立つヒント

ガレージ基礎の深さ

Pin
Send
Share
Send
Send


車の所有者は、ガレージ建設の問題を真剣に受け止めており、多くの場合、自分でこれを行います。将来の建物の基礎が建物の要件を考慮して実行される場合、構造の収縮は均等に発生し、壁に亀裂は現れません。ガレージの下に基礎を適切に注ぐ方法を知っていれば、将来の建物の耐久性と信頼性を確保できます。

基礎の準備を実行し、車の下のサイトを埋めます-建設に遭遇していない人でも手頃な仕事です。これらの操作の機能に精通します。建設を開始する前に、基礎の種類、塗りつぶしの特性を決定し、構造の質量、土壌の特性を考慮してください。この問題には些細なことはありません。車のガレージのサイズとベースの高さが重要です。すべてを事前に予測する必要があります!このアプローチでは、将来のコストを予測し、建物の運用中および建設プロセス中の問題を回避します。作業の段階を詳細に検討しましょう。

基礎は、建物のいわゆる「ソール」であり、バランス、安定性、およびすべての電力負荷を補償する必要があります

仕事の始まり

土工に着手する前に、事前の対策を実行します。

  • 作業の初期段階で実行される、将来の建物のスケッチの開発。スケッチするときは、建設オブジェクトの下の通信の存在、場所の深さを分析します。これにより、隣接するプロットおよびユーティリティの所有者との競合を回避できます。
  • 将来のガレージの質量を計算し、基礎の種類を決定できます。寸法、計算結果、建築材料の必要性を含む予備図面を使用して、コストのレベルが推定されます。
  • 建設のためのサイトの選択。構造物の場所を決定するだけでは十分ではありません。地質学的研究を行った後、土壌の特性を調査し、トレンチの掘削を開始することが重要です。土壌の調査は、地下水のレベルを決定し、トレンチの深さを決定します。ガレージの下に注ぐ日曜大工の基礎は、建設現場でのサンプリングとサンプルの分析後に作成されます。土壌水分が増加すると、排水が必要になることに注意してください。結局のところ、土壌中の凍結した水は基部の変形を引き起こし、将来的には亀裂を引き起こす可能性があります。
  • ロープとペグを使用してサイトをマークします。これが最終段階であり、構造の境界を正確に修正できます。建物の正確な輪郭により、準備を適切に完了し、ガレージの下のエリアを具体的にすることができます。

次の段階は土工です。ペグとロープの助けを借りて、将来のトレンチの正確な境界を作る必要があります。それらはガレージの土台を適切に埋めるのに役立ち、「ベース」を歪めません

土壌の特徴の影響の評価

コンクリート工事を開始してトレンチを掘る前に、部屋のコンクリートプラットフォームが配置される土壌のタイプを分析します。土壌の種類によって、トレンチの深さが決まります。これは、土壌の密度によって異なります。 推奨事項は次のとおりです。

  • 硬さを特徴とする石や岩の岩は、トレンチを準備することなく、計画された場所にガレージを構築することができます。
  • 砂利のある土壌には、凍結レベル以上の基質の深さが必要です。
  • 粘土質土壌の土台は、凍結層の下の深さでトレンチを強制的に埋めます。
  • 流動性が特徴の砂岩には、2メートル以上の深さの基礎が必要です。
  • 泥炭地は建設には不向きですが、泥炭を完全に除去し、空洞を砂利と砂の混合物で満たした後に建設を行うことができます。

地面を評価するときは、主なものを覚えておいてください-ガレージはしっかりとした基盤の上に設置されています。

意思決定

ガレージの建設の基礎を選択するにはどうすればよいですか?自分の手でガレージの下に基礎を注ぐ前に、適切なオプションを選択する必要があります。 考えられるベースのタイプを検討してください。

  • 木製の型枠に注がれたコンクリートのモルタルであるテープ。ベースは、通常、通常の土壌で使用されます。木製フレームが準備されたトレンチ内の構造物の周囲に沿って配置され、地下水が地表近くにある場合は推奨されません。型枠は解体または固定することができます。

地下水は予想外に振る舞う可能性があるため、調査作業により、ガレージベースを満たす深さと方法を決定します。

  • フローティング(固体)。信頼性の低い土壌に設置するために設計された一種のテープです。ベースは、ゼロマークの下に埋められた固体の鉄筋コンクリートスラブです。
  • 鉄筋コンクリート基礎スラブの輪郭の形で作られた固体。
  • コンクリート、ガレージの輪郭に沿って浸水。瓦、セメントモルタルで構成され、粗い砂の枕の上に置かれます。

部屋への入場の利便性を確保し、重い物を持ち上げる機器や賃金労働者を引き付けないようにすることが重要です。これらの要件を満たせば、コストを大幅に削減できます。

ストリップデザイン

モノリシックストリップベースは、標準サイズのガレージの一般的なオプションです。 この基準を好む車の所有者は、シンプルでリーズナブルな価格に惹かれます。

ガレージの下の土台を適切に埋めるために、取り外し可能な型枠を使用します

ストリップ基礎の構築のための一連の測定は、実績のあるアルゴリズムに対応しています。

  • 作られたマーキングに従ってトレンチを準備し、ベースの幅を壁より20 cm広くし、
  • 厚さ15 cmのフィルター砂と砂利の混合物の敷設、強制圧縮、
  • 設置、木製型枠パネルの不動性、気密性の確保、
  • 直径が少なくとも0.8 -1 cmの鉄筋によるループ補強、
  • 作業混合物の混合
  • コンクリートの空洞に必要な高さまで注ぎます。
  • こてで上部平面を水平にし、
  • 最初の3日間の表面の保湿(暑いとき)、
  • シート屋根材による防水表面保護。
  • テープ構造の品質は、次の推奨事項によって保証されています。

    • 深さが特定の領域の土壌の凝固点より下になるように、基礎の下のトレンチのレベルを確認します。
    • 新しいサービングを提供する前に、砂と砂利の混合物を密封します。
    • 構造の周囲の型枠の設置の真直度を確認します。
    • 混合物のレシピに従って、ブランドM200以上のコンプライアンスを確保します。
    • ボリュームを満たす部分は、破損を許可せず、開口部の輪郭に沿って溶液を均等に分配します。これにより、継ぎ目のドッキングが回避され、プラットフォームの整合性が確保されます。
    • フィッティングまたは内部バイブレーターを使用して、空洞を取り除きます。
    • ジョイントの水分を妨げるために、オーバーラップした防水層を配置します。

    自分で基礎を埋めることを計画している場合は、標準設計と標準基礎深度があるガレージ計画がこれに最適です。

    フローティングファンデーション

    一種のテープタイプのベースであるフローティングベースは、土壌の振動を補正し、負荷を感知し、自然な気まぐれに敏感ではありません。そのような車の基礎の設計は何ですか?鉄筋メッシュで補強された埋め込み式コンクリートスラブです。

    フローティングベースを配置するとき、作業の順序を観察します:

    • 長方形の穴を掘る。
    • ベースを砂パッドで覆い、表面を圧縮します。
    • 強度のためにメッシュ補強ケージを取り付けます。
    • 補強材に完全に浸るまで、基礎をコンクリートモルタルで満たします。
    • 表面を計画します。

    硬化後、セメント砂モルタルを使用して、車両のプラットフォームをコンクリートで固めることができます。

    強化ブロックの使用

    構造が重量で重要な主要なガレージの場合、基礎ブロックを基礎として使用できます。鉄筋コンクリートスラブは、持ち上げ装置の助けを借りて、事前に準備されたトレンチに配置されます。必要に応じて、上部平面を補強し、コンクリートで流し込みます。

    コンクリートブロックを使用してガレージの基礎の設置を行うと、敷設および作業材料の製造中に自分の力だけに頼ることはできません

    このようなプラットフォームは、重い構造物の質量に耐えることができ、長期間の動作にわたって安定性を確保できます。

    コンクリートベース

    コンクリートモルタルで固定された瓦rubの基礎は安価で、最も一般的な選択肢の1つです。自分の手でガレージの下に土台を注ぐと便利です。この場合、専用の建設機器を使用する必要はありません。

    作業は次の順序で実行されます。

    • サイトをマークし、必要なサイズのトレンチを掘り、
    • ポートランドセメントグレードM400、瓦、砕石、砂を準備し、
    • 底に砂利と砂の組成物を注ぎ、コンパクトにし、
    • セメント砂モルタルを練り、1部のセメントと水を2部の砂に加え、
    • 下部に瓦oneの層を1層置き、上部に溶液を入れて注ぎ、
    • 連続して層を敷き、注ぎ、セメントの最終層が必要なレベルに達するまでボリュームを満たします。

    車のプラットフォームの配置

    ガレージの下に自分の手で基礎が完全に満たされている場合は、車両の設置場所の準備を進めてください。一見したところ、特にサイトの輪郭が事前に準備された基礎によって制限されている場合、これは簡単な仕事のようです。ただし、表面の耐久性を確保して亀裂を防ぐために知っておく必要がある機能がいくつかあります。

    次の順序でマシンのベースを準備します。

    • 基礎の縁の内側にあるサイトを計画します。コンクリート混合物の消費を増加させ、構造の均一性を侵害する表面の不規則性を排除します。
    • 底に厚さ20〜40 cmの砕石と砂の混合物の枕を置き、慎重にタンピングします。表面を湿らせ、利用可能な手段を使用してその平面度を確保します。
    • 表面をアグロファイバーで覆います。これはクッション材を保持し、湿気を自由に通過させます。
    • ビーコンを設置し、0.5メートルの距離を観察します。それらは、技術によれば、コンクリート化された水平面の平坦性を確保するために必要です。標準の乾式壁プロファイルを使用します。スライドで裏打ちされたセメント砂モルタルを固定して、不動性を確保します。レベルを使用して水平度を制御します。

    ガレージを構築したい場合は、まず最適な支持構造の配置と設置に注意する必要があります

    建材

    現在、ガレージを構築できる建築材料は多数あります。しかし、最も最適なのは常にレンガであり、レンガは長年の荷重に耐えることができ、摩耗することはありません。

    財団にはさまざまな形態があります。

    これは、建物全体の下のスラブの堅固な配列であり、最も強力なビューです。

    土の中に固く詰まった杭のように見えます。 このような基礎は、あらゆる土壌に適しているため、普遍的なタイプです。

    ガレージファンデーションストリップ” w>

    型枠ですコンクリート混合物が周囲に注がれます。

    特定のタイプの土壌では、独自の面積と荷重を持つ建物ごとに、特定のタイプを選択する必要があります。基礎の強度と信頼性は、その深さに直接依存することを知っておく必要があります。

    粘土質の土の場合、溶接タイプの基礎を選択することが好ましく、タイルのタイプはかなり許容できると考えられ、砂質の土の場合は、ストリップ基礎を選択するのが最善です。

    計算方法は?

    ガレージは非常に重要な建物であるため、基礎の計算に特別な注意を払う価値があります。ガレージは、気候条件の悪影響から車を保護する必要があります。

    ストリップタイプの基礎は、最大1.7 mの深さで実施されます。それ以上深くする必要はありません。

    現時点では、中央のストリップに最適なオプションは、ストリップとスラブの基礎の組み合わせです。

    たとえば、ガレージが6 x 8メートルの場合、価格を計算できます。

    1. 土工:24m3×700ルーブル。 = 16800こする。
    2. 砂枕10m3×500ルーブル。 = 5,000ルーブル。
    3. テープ上のコンクリート4m3×5,000ルーブル。 = 20000こする。
    4. 砂充填10m3×500こする。 = 5,000ルーブル。
    5. スラブ下のコンクリート5m3×5000ルーブル。 = 25 000こする。
    6. アーマチュアA-III 12 mm 1200mx26摩擦。 = 31,200ルーブル。

    103,000ルーブルで得られた総材料。仕事にお金を払う場合は、さらに80%を追加する必要があります。

    建設段階

    1. 最初に、考えて、どのピットが必要かを計算します、深さ50 cmで掘るのが最適です次に、土台を砂で覆い、20 cmの注ぐと突き固めます。
    2. 周囲に30×40 cmのテープが作成されます。 水平補強:2列のA-III補強の3本のロッド、垂直-基礎の上の40 cmの高さまで解放300 mm(バンドルの場合)。型枠と補強用の材料を計算する必要があります。
    3. さらに、こぼれた水でタンパーの下に砂を注ぎます、砂はポリエチレンフィルムで覆われています(セメントミルクが砂に入らず、コンクリートの強度が失われないように)。 200×200 mmのメッシュを備えた2層の補強材A-IIIの編み枠。プレートの厚さは10 cmにすることができます。

    ガレージの基礎の深さは、凍結する地面の高さと地下水の流れに直接依存します。 凍結の深さはそれほど大きくないが、地下水が低い場合は、基礎を深さ0.4メートルでレイアウトし、この図に砂のクッションと砂利の層のサイズを追加できます。

    この種の基礎は、凍結にほとんど影響されない砂質土の上に構築するための理想的な選択です。

    粘土と湿地の土台は、1.5メートルほど深くするのが最適です。したがって、土壌の侵食と汚れの除去は行われず、基礎の破壊が防止されます。

    基礎の深さは、常に凍結する土壌の量、少なくとも0.2 -0.3 mより大きくなければなりません。

    ガレージの壁の厚さは、ガレージの基礎の幅に直接影響します。完了までの所要時間は約30%です。

    これは、あらゆるタイプの基礎に適用され、基礎杭を接続するスラブにも適用されます。

    たとえば、壁の幅は12 cmで、このサイズには標準のレンガ(石積みが1つのレンガの場合)があり、木製の型枠の壁の厚さは2.5 cmになります。この場合、建設中の基礎の幅は20.6 cmになります。

    ブックマークニュアンス

    ガレージに3台以上の車を入れる予定がない場合は、大きなガレージを構築しないでください。したがって、強力で強力な基盤は必要ありません。 1つのマナの場合、軽くて控えめなベースで完全に対応できます。

    ヒント:

    1. 建設を開始する前に、プロセス中に影響を受けないように、選択した建設場所を通過する通信を決定することをお勧めします。したがって、近隣やユーティリティに問題はありません。
    2. さらに、少なくとも後で建設されるもののスケッチ、建設プロセス中にナビゲートする必要があるサイトの小さなスケッチをスケッチする価値があります。
    3. 土の融解から土を保護し、それによって土の霜が膨らむのを防ぐ泡で基礎の外側壁の断熱を実行することは、時間内に十分に重要です。
    4. ガレージが強力なレンガ、1.5の石積み、またはフォームブロックで構築される場合、大規模な基礎が必要です。ただし、すべてのタイプの建設には1つの前提条件があります。基礎は地面から20〜30 cm高くする必要があります。これにより、ガレージ内の湿気や湿気の発生を防ぐことができます。

    なぜ基礎が必要なのですか?

    1. 基礎は、建物から地面に負荷を均等に分散します。
    2. 地下室を湿気から保護します。
    3. 基礎のおかげで、地下室は自然に換気されます。
    4. 土壌はさまざまな強度で動きます。良い基礎は、この要因によって引き起こされる損傷から構造を保護します。

    設計と寸法

    基礎を適切に作成するために、最初に構造を設計し、構造物が設置される地面の荷重分布に関する特定の計算を実行する必要があります。この段階には、責任を持ってすべての重大度でアプローチする必要があります。そうしないと、変形し始める可能性があり、これにより、少なくとも修理のための追加の財政投資と、最大の建物の破壊が発生します。基盤を適切に構築するには、次のルールを実行する必要があります。

    ガレージの基礎設計

    • 地下水の流れのレベルを調べます。基礎は地面に接する必要があり、水はそれを浮かせてはなりません。
    • ガレージが建設される土壌構造を調べます。
    • Сделайте чертежи с указанием всех габаритов фундамента и постройки.
    • Заранее приобретите все необходимые материалы и инструменты, хорошо продумайте, из какого именно сырья будет сделана основа.
    • 計算を行うときは、基礎の質量とその設計機能を考慮してください。
    • 基本的な部分の技術的なパラメーター、たとえば、鉄筋の直径とそれらが配置される距離、基礎が配置される深さ、厚さなどを計算します。これらのすべてのアクションにより、さらに作業が大幅に簡素化されます。
    • ベースの寿命を大幅に延ばす防水処理を忘れないでください。
    • 土壌の凍結の深さも考慮する必要があります。基礎はこのレベルより下に深められなければなりません。

    ガレージの建物は、アパートのすぐ隣に建てることができます。これにより、材料の購入にかかる費用を大幅に節約できます。この場合、1つの重要なルールを遵守する必要があります。 家の基礎とガレージを接続しないでください。 それらの収縮を均一にすることはできません。重い住宅の建物はより小さく収縮し、ガレージを引っ張って、破壊に至る可能性があります。

    理想的な土壌とは、膨張せず、収縮せず、クリープせず、高強度でたるみのない土壌です。しかし、実際には、そのような根拠を満たすことはほとんど不可能です。そのため、ビルダーは、基盤の信頼性を高めるための小さなトリックを思いつきました。十分に詰められた洞窟砂利枕は、これらすべての土壌不足に対処するのに役立ちます。

    建物の耐久性と安定性を高めるには、計算を間違えないようにしてください。

    表:土壌タイプ

    お名前説明
    軽い土ダスティで細かい砂質土、ローム、砂質ローム。重い負荷の下で離れて移動し、場所を変更します。このような土壌はさらに圧縮する必要があります。これは、振動板または適切な打ち込みを使用して、ベースの下の掘削された凹部で行われます。これに基づいて、任意の基盤を構築できます。
    中程度および砂利質の土壌そのような土壌にはそれほど重い構造物はありません。それらを追加で突っ込む必要はありません。あらゆるタイプの基礎の構築に適しています。
    砕石性および岩石性土壌最も耐久性のある土壌に関連しています。低温からの移動、侵食、ヒービングを受けないでください。これらの土壌の良好な支持力は、重い構造物に耐えることができます。
    粘土土このタイプの土壌は、建設にとって最も問題の多い土壌の1つです。主な欠点はヒービングです。これは、この土壌に入った水分が実質的にそこに残っているためです。霜が発生すると、水は氷に変わり、膨張します。これにより、基礎に大きな力がかかります。その変形は避けられません。圧力を下げるには、基礎を凍結レベルより下に置くことができます。しかし、これで問題が完全に解消されるわけではありません。もちろん、排水システムを暖めて構築するためのオプションはまだあります。しかし、これはすべて作業を非常に複雑にします。

    どんな土壌でも、より適切なものにいつでも置き換えることができます。これは、基礎のサイズを超える大きなピットを掘り、既存の土壌をより便利なものに置き換えることによって行われます。

    基礎を地面から押し出す

    基礎の深さと幅を計算する方法

    ほとんどのガレージには小さな基盤があります。 2階建てにしない場合は、ベースの追加強化は必要ありません。可能な限り、それは土壌に1メートル行くはずです。これで十分です。ベースの古典的な幅は400〜600ミリメートルです。サンドイッチパネル、金属プロファイルまたは段ボールなどの材料を壁の構築に使用する場合、この幅は残してかまいません。壁が木材、ガス、または発泡体のブロックで作られている場合、基礎の幅が選択した材料のサイズに追加されます。

    レンガ、燃えがらブロック、コンクリート、鉄筋コンクリートスラブなどの重い材料は、基礎の延長を提供し、信頼性のために1,500センチメートルを提供します。

    地下水位が高い場合、浅いバージョンのベースを検討する価値があります。したがって、壁の構造の材料は、ベースがそれに耐えられるように重いものであってはなりません。

    基礎の種類を選択する

    ガレージの適切に選択された高品質の実装ベースは、建設中の構造の耐久性の鍵です。

    ガレージの基礎の種類を決定するには、建設の実際の条件のすべての状況を考慮する必要があります:

    1. 土壌の特性と地下水の深さ。
      これらの指標は、試掘中のサンプリングによって決定されます。そして、開発者がそのような操作を行い、臨床検査を実施するように人々を招待するために特定の費用を負担しなければならない場合でも、それはまだ価値があります。結局、これらのパラメーターを決定したら、特定の動作条件に最適な開発の基盤のタイプを選択できます。
    2. 推定パラメータと建設中の構造物の建設。
      ガレージに覗き穴または地下室を装備する必要があるかどうかを判断する必要があります。
    3. 建設資材。
      建設用消耗品はすべて品質が異なるため、使用する際には特別なアプローチが必要です。モルタルを混合するために水を追加する必要がある場所、およびこのまたはその表面材料を固定するために適切なファスナーを選択する必要がある場所です。

    必要なツールと材料の準備

    ほとんどの場合、基礎はプレキャストまたはモノリシックコンクリート、瓦rub石またはレンガでできています。あまり頻繁にそれは木製の山から建てられません。材料の選択は、構造の質量と土壌の特性に依存します。

    基礎の柱の下に穴を開けるのに便利なハンドドリル

    重要!基礎の建設に赤レンガやケイ酸塩レンガを使用することは推奨されません。湿気がそれらに破壊的な影響を与えるからです。

    地下室を装備するために霜と耐候性材料を使用してください。この層は、修理のための追加の経済的費用を避けるために、慎重に防水処理する必要があります。材料の量は、ベースのサイズとそのタイプによって異なります。したがって、各個人に直接正確に計算する必要があります。ツールリストについても同じことが言えます。材料の種類ごとに、彼は自分のものを持っています。

    土の種類の選択に対する土壌の影響

    細かい砂質、ほこりの多い土壌、ローム、砂質ローム-これらはすべて弱い土壌です。それらは、より高いオブジェクトからの重い負荷の影響下で移動および発散する傾向があります。

    主に粉塵粒子、微細または粉末状ローム、砂質ロームからなる砂質土で、構造物の建設が計画されているため、慎重に圧縮する必要があります。このアプローチは、土地上の基礎のより信頼性の高い固定を提供します。

    ローミング、砂質ローム、その他の柔らかい土壌は、タンピング中に圧縮されます。土壌圧縮中の幅と必要な収縮サイズに応じて、スムーズローラーまたはカムローラー、空気圧またはディーゼルランマーを使用できます。

    チキソトロピー性の土壌を除き、ほとんどが弱い土壌は水分を保持しないため、突き固めた後、この土地区画に複雑さと形状の支持基盤を立てることができます。

    中程度で砂利質の砂質土は、その上にある構造物に加えて、非常に大規模な基礎にも耐えることができます。追加のシーリングは不要で、建設工事に適しています。

    砕屑性で傾斜した土壌は、最も耐久性のある土壌です。それらは、変位、侵食の傾向がなく、霜の盛り上がりの影響を受けません。原則として、そのような土壌には高くて重い建物が必要であり、強固な基盤が必要です。

    粘土土は、建設作業の点で最も問題があると考えられています。このような土壌の主な欠点の1つは、その盛り上がりです。土壌に入った水分は地中の地下層に浸透せず、粘土土壌の外層に蓄積されます。

    霜が発生すると、土壌中の水が凍結し、その物理的特性に応じて、氷に変化した水が膨張します。

    これにより、土の体積が増加し、基礎に圧力がかかります。支持面に圧力をかける力は非常に大きく、1立方メートルあたり約5トンであるため、亀裂が発生し、その結果、構造自体が変位し、さらには破壊されることもあります。

    コンクリートの土にかかる土の圧力を制限するために、土の凍結レベルより下に置くことをお勧めします。これは基礎への圧力を軽減するのに役立ちますが、建物の設計中に考慮する必要がある基礎を完全に排除するわけではありません。

    基礎の土圧を除去する別のオプションは、周囲全体の断熱です。もちろん、これはかなり時間と費用のかかるオプションですが、基盤をクラックしたことによる損失を考慮に入れると、コストが正当化される可能性が高くなります。

    サポートの接地圧に関する問題を排除する別のオプションがあります-排水。この場合、特別な排水システムが使用され、支持構造のすべての側面に平行に配置されます。

    半径50 cm付近で、排水溝が基礎全体の深さまで掘ります。穴あきパイプはフィルター材で包まれ、わずかな傾斜の下で溝の底まで下げられます。

    この場合、ピットが破裂し、将来の建物のサイズを超えて、建設に最適な土壌で満たされます。埋め戻された土壌が慎重に詰められていることを確認することが重要です。

    ベースの種類-選択するもの

    最も一般的なオプションはテープです。その上に、レンガとコンクリートの重い建物を建てることができます。円柱状の基礎も人気があります。彼は完全に木造とフレームの建物を保持しています。

    それはその外観のためにそのような名前を持っています。コンクリート、瓦、コンクリート、レンガのいずれでも構いません。それが何でできているかによります。

    最も安価なオプションは、ほとんど無料ですが、瓦です。インストールの複雑さにもかかわらず、それのための材料が近くにあり、無料で見つかるため、人気があります。買う必要はありません。このオプションは、その信頼性、耐久性によって区別され、寒さと湿気を恐れていません。

    具体的なバージョンは、ブタ、砂利、砂利の混合物です。これは基盤の平均コストタイプです。最初に型枠を取り付けることなく、溝に注ぐことができます。これはお金の一部を節約します。

    コンクリート基礎はセメントモルタルであり、強度と耐久性を高めるために要素を追加する必要はありません。彼は彼らなしでいいです。他のタイプと比較して、これは多くの消耗品を必要とするため、非常に高価です。

    レンガオプションはめったに使用されません。特に粘土レンガやケイ酸塩を焼いた場合、耐久性はありません。

    ガレージのデザイン機能

    ガレージの基礎を作る方法は?

    ガレージを設計するとき、この場合は運転手である将来の開発者は、この問題のこのような側面を考慮する必要があります。

    • 観賞用のピットまたは地下室の必要性、
    • 拡張または2階の必要性、
    • 施設の建設に使用される建材の特徴。

    ガレージに覗き穴を設けることが計画されている場合、基礎を注ぐ前に、溝を準備する必要があります。この後、ピットの壁は一時的な型枠で覆われ、その後のみ基礎の溝を掘ることができます。

    さらに、支持面の表面より下のレベルに壁排水を敷設する必要性を考慮する必要があります。

    ガレージに覗き穴または地下室を設置するための主な条件は、これが大雨または雪の間の上昇の最大高さであるという条件で、2.5 m未満の地下水の場所です。

    この条件が満たされない場合、ピット/地下室の下にプラスチック排水システムを配置する必要があります。しかし、これらの操作が建設コストの大幅な増加につながることを理解することは価値があります。

    そして、レンガやコンクリートの高層ビルの建設中の負荷が増加すると、サポートテープの幅を増やす必要があることは論理的です。一般に受け入れられている基準によれば、壁の天井の幅は、基礎の幅より12〜15 cm小さくする必要があります。

    注ぎ方と乾燥量

    1. 構造の基本部分の寸法を決定します。その下のトレンチの平均深さは0.7〜1メートルで、幅は約0.5メートルです。後者は壁の材料に依存します。
    2. 次に、ペグとロープで領土をマークし、マークに沿って溝を掘る必要があります。

    ストリップの基礎は型枠で固まります

    一部の専門家は、200〜300ミリメートルのコンクリート混合物のいくつかの段階でコンクリートを注ぐことを勧めています。後続の各層は、前の層がわずかに乾燥した後、塗り始めます。

    基礎の種類

    ガレージの建設にはいくつかの種類の基礎があります。

    1. テープ。
      最も一般的なタイプのコンクリート支持ベース。建設中の構造物の構造や目的に関係なく、ほぼすべてのタイプの土壌に適しています。
    2. 中空の水中杭の上に積みます。
      将来のガレージの周囲に最大直径40 cmの中空パイプが取り付けられ、そこに補強メッシュが配置され、その後コンクリートモルタルで満たされます。パイル構造の上端は、伸ばされたレベルに応じて水平に揃えられます。原則として、そのような支持基盤は、自然の斜面を持つ土地区画の構造物の建設に使用されます。さらに、パイルの基礎は柔らかい土の上によく立ちます。
    3. ねじの金属杭の山。
      この場合、Mauerlatがベースとして使用され、サポートの上端に固定されます。このような支援基盤の主な利点は、土地工事の完全な欠如です。
    4. 円柱状。
      コンクリートの穴の上に建てられ、ほとんどすべての建物に使用されます。

    また、ガレージの基礎として、コンクリートのパネルのブロックと、木製の型枠に立てられた厚いストリップの基礎を使用できます。なるほど、この構造要素の形式は、上記の要件に応じて選択されます。

    ガレージの基礎の建設:問題の主な側面

    前述したように、建設中の構造の耐久性は、ガレージの正しく選択された高品質の基礎に依存します。建物の教育がないため、車の保管用のガレージスペースを設計するときは、資格のある専門家の助けを借りることが最善です。

    今日、建設の分野でさまざまなサービスを提供するさまざまなオフィスや組織があります。個々の建設プロジェクトの開発から建設プロセス全体の組織までです。

    もちろん、これは追加の費用項目ですが、同時に、間違った場所にある自家用のガレージの場合よりも多くの利益をもたらします。そのような部屋の設計の微妙さは言うまでもなく、部屋の換気と換気が重要な役割を果たします。

    自分でガレージの基礎を適切に構築する方法をお読みください。

    段階的な操作の説明

    1. テープベースの場合のように、最初にマーキングをして溝を掘る必要があります。
    2. 次に、洞窟の瓦pillowの枕を広げます。
    3. 1:2:1の比率で、セメント、砂、水がそれぞれ混合されます。バケットを1つのピースとして使用します。
    4. 瓦trenchを溝の底に一列に置きます。石を覆うように砂セメントモルタルで注ぐ。その後、再び石の列を置きます。そして再びソリューションでそれらを満たします。溝全体を埋めるまで続けます。

    円柱状

    これは、重い負荷に耐えられないため、軽量構造に使用されます。より簡単なインストール方法が特徴です。今日、アスベスト管は、コンクリートが注がれる柱としてよく使用されます。ツリーは柱としても使用されます。これはパイルオプションです。カラマツは構造の重量に耐えることができ、非常に耐久性があります。しかし、ツリーにはかなりの費用がかかるため、このオプションは非経済的です。

    ガレージコラムの基礎

    準備段階

    したがって、サポートベースの製造技術に関係なく、建設を進める前に、次のようないくつかの準備作業を実行する必要があります。

    • 提案された建設の場所で水文地質学的条件を決定するためのサイトの研究、
    • 適切な種類の基礎サポートを選択し、
    • 設計機能を考慮したガレージの設計、
    • 必要なすべての消耗品の計算と購入、
    • 提案された基礎の面積の計算、基礎の場所だけでなくその周囲の土壌層の除去、全周囲の少なくとも10-15 cmの距離で、
    • ペグ、靴ひもを使用できる溝のマーキングと掘削。

    これらのすべての問題が解決したら、ガレージの下の基礎を埋め始めることができます。

    レイアウトとビルドの方法

    このようなベースは、地下水が地表近くを流れる場所に理想的です。 350センチメートル以上の深さに設置できます。 Существенным минусом такого варианта является невозможность сооружения подвала под гаражом.

    Угловые столбы устанавливаются глубже промежуточных на 50–100 сантиметров. Промежуточные ставят с шагом в 150–200 сантиметров.

    柱を置くためには、事前に穴を準備する必要があります。これにはドリルを使用するのが最も便利です。

    鉄筋コンクリート柱を設置するには2つの方法があります。最初の補強材はピットに配置され、コンクリート混合物が注入されます。 2番目はより複雑ですが、耐荷重機能が改善されています。彼にとって、屋根材は底に広がり、そこにパイプまたは木製の型枠が設置されます。鉄筋が内部に置かれ、すべてが少なくともM300またはM400のセメントで作られたコンクリートモルタルで注がれます。別に、少なくとも100ミリメートルのベースプレートを作成します。次に、柱に具体化されます。

    これは、ガレージベースの最も高価なオプションです。それは一種のストリップベースであり、埋め込み式の鉄筋コンクリートスラブのように見えます。しかし、建設が起伏と沈下土壌がある場所で行われる場合、それは理想的になり、品質と価格を正当化します。実際、土壌の移動性を均一にするのは、1つの固体スラブです。それが「フローティング」ファンデーションとも呼ばれる理由です。

    ガレージのスラブベースのスキーム

    「フローティング」ベースは、セメント、補強材、屋根材を使用して作られています。それは、通常の、格子モノリシックまたは端部で事前に製造されモノリシックに強化されたものであり得る。 Normalは最も経済的なオプションです。

    アクションアルゴリズム

    マーキング作業が完了すると、トレンチを掘り始めます。選択した基礎の種類に対応する深さでなければなりません。しかし、原則として、ガレージの下には50〜100 cmの十分なトレンチの深さがあります。

    その後、トレンチはドライミックスで覆われます:最初に砕石または細かい砂利の層があります-その厚さは20〜30 cmでなければなりません。そのような目的には、海砂はあまり適していません。

    この層の厚さは15〜20 cmである必要があり、砂も圧縮されます。

    自分で行う方法

    1. 土の性質に応じて、必要な深さの穴を掘ります。
    2. 砂のクッションを入れてよくタンピングします。理想的には、これをいくつかの層で行い、各層を個別に水で濡らし、突っ込んでください。
    3. 構造を強化するために補強メッシュを置きます。
    4. 今、あなたはコンクリートモルタルを注ぐことができます。
    5. 溶液を乾燥させた後、床スクリードの構築に進むことができます。

    基礎を構築する上で最も重要なことは、検査穴が計画されている場合、それを忘れないことです。実際、スラブベースでは、構築するのが困難になります。このようなオプションでは、結合またはストリップの基盤を提供することをお勧めします。

    型枠装置

    この構造要素の製造には、そのような消耗品が適しています:

    • かんなエッジボード、
    • 防水合板、厚さ1.2 cm以上、
    • チップボード、
    • 金属板
    • セメントパーティクルボード。

    他のものを拾うことができます。主なものは、滑らかな成形面を持っていることです。

    型枠を取り付ける前に、基礎ピットを防水する必要があります。これらの目的には、2層に敷いたルベロイドが適しています。また、この段階では、ガレージに通信用の入り口があれば、それを提供する必要があります。入り口には、プラスチックまたは石綿セメントのパイプを置きます。

    型枠は次のように取り付けられます。

    1. レースやペグを使用した既製のマーキングに従って、50 mmの断面のバーからラックを掘ります。それらの間の距離は、プレート材料または事前に打ち込まれたボードボードのサイズに対応する必要があります。
    2. パネルまたはパネルは、内側のネジによって支柱に固定されています。
    3. 型枠の幅は、構造が地面で支えられているジブによりさらに強化されています。

    基礎強化

    補強メッシュデバイスのアルゴリズムは次のとおりです。

    1. 第1の補強層は、防水材から5cmの距離に形成される。
      この段階では、レンガの破片が通常使用されます。ロッド間の隙間は約12〜14 cmで、低炭素鋼でできた編みワイヤで固定されています。
    2. 2番目のステップは、切り刻まれた継手を使用するラックの設置です。
    3. 2番目以降の強化層は、同じ寸法を維持しながら、最初の層から14〜15 cmの間隔で形成する必要があります。
      コンクリートベースを超える補強要素の出力は許可されません。これにより、基礎要素とその部分的な腐食が発生し、完全に破壊されます。

    コンクリートベース

    ガレージの基礎の最終段階はコンクリートです。基礎には、コンクリートグレード300に基づくモルタルが注がれています。

    その準備の原則は次のとおりです。

    • セメントグレードM400-1部、
    • 中細砂-4部、
    • ミディアムフラクショナルグラベル-4部。

    水の量は、上記の消耗品の品質と特性に依存します。この緩い混合物のセットには、平均で約4〜5バケツの水が必要です。

    グラウトの製造中は注意が必要です。すべての乾燥材料は、互いに完全に溶解するまで事前に混合され、その後、水が小さな部分に徐々に導入されます。

    また、コンクリートの準備には、有機不純物や水生植物や他の植物の形での混入物のない精製水を使用する方が良いことも注目に値します。

    ソリューションを準備した後、基礎を注ぎます。このプロセスはレイヤーで実行されます。各層は慎重に突き固められ、固定されています。このアプローチは、基礎の品質に悪影響を与える泡から支持ベースを解放します。

    コンクリートは少なくとも1週間乾燥し、28〜30日後には完全に硬化します。それはすべて、建設作業が行われた気候条件に依存します。

    コンクリートベースの乾燥中は、ラップで覆い、暑いときは、基礎を水で1日数回湿らせて、その後の割れをなくします。

    型枠を解体し、防水工事を実施するためにのみ残っています。ほとんどの場合、bit青マスチックがこれに使用され、その下でプライマーで表面を処理することによって表面を準備する必要があります。

    ビチューメンマスチックを塗布した後、20-24時間放置する基礎を与え、その後マスチックを2層目に塗布します。そして、1日後にのみ、屋根材と砂利/砂利でコンクリートベースの埋め戻しと防水を整理できます。

    上記のすべてを要約すると、次を追加したいと思います。

    1. 最も重要なこと
      -基礎となる建物の耐久性はそれに依存するため、基礎の種類を選択するのは正しいことです。
    2. 消耗品
      -建設のための品質基盤の建設のための別の重要な条件。有名メーカーの消耗品を優先することをお勧めします。
    3. 段階的な生産のコンプライアンス。
      基礎の基礎デバイスのアルゴリズムを順守すると、人は、建物の教育や特別なスキルがなくても、自分のタスクを独自に実現できます。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send