役に立つヒント

HP 3525プリンターをWi-Fi経由で接続する

Pin
Send
Share
Send
Send


WiFi Protected Setup(WPS)を使用してHP Photosmartをワイヤレスネットワークに接続するには、次のものが必要です。

ワイヤレスWPSルーターまたはアクセスポイントを備えたワイヤレス802.11 b / g / nネットワーク。 §Lf注。 802.11nは2.4 GHzのみをサポートします。

ワイヤレスまたはネットワークカードをサポートするデスクトップまたはラップトップコンピューター。コンピューターは、HP Photosmartにインストールする必要があるワイヤレスネットワークに接続する必要があります。

WiFi Protected Setup(WPS)を使用してHP Photosmartプリンターを接続する方法

次のいずれかを実行します。

ボタンを押す

a。セットアップ方法を選択します。ワイヤレスWPSルーターがプッシュボタン構成をサポートしていることを確認します。

ホーム画面で[ワイヤレス]をタップし、[設定]を選択します。

下矢印をタッチして、オプションのリストをスクロールします。 WiFi Protected Setupをタップします。

タッチ設定押された。ボタン。

b。ワイヤレス接続をセットアップします。

ワイヤレスがオフになっている場合はオンにします。

WPS機能を有効にするには、ルーターまたはWPSテクノロジーをサポートするその他のネットワークデバイスのボタンを押し続けます。

デバイスはカウントダウンを開始し(約2分)、その間にネットワークデバイスの対応するボタンを押す必要があります。

c。ソフトウェアをインストールします。

PINを使用する

a。セットアップ方法を選択します。ワイヤレスWPSルーターがPINを使用した構成をサポートしていることを確認します。

ホーム画面で[ワイヤレス]をタップし、[設定]を選択します。

下矢印をタッチして、オプションのリストをスクロールします。 WiFi Protected Setupをタップします。

[PIN設定]をタップします。

b。ワイヤレス接続をセットアップします。

ワイヤレスがオフになっている場合はオンにします。

デバイスは、ネットワークデバイスでPINコードを入力する必要がある時間(約5分)のカウントを開始します。

c。ソフトウェアをインストールします。

ルーターを使用したワイヤレスネットワーク(インフラストラクチャ)

HP Photosmartデバイスを統合ワイヤレスWLAN 802.11に接続するには、次のものが必要です。

ワイヤレスルーターまたはアクセスポイントを使用したワイヤレス802.11 b / g / n。 | 9f注。 802.11nは2.4 GHzのみをサポートします。

ワイヤレスまたはネットワークカードをサポートするデスクトップまたはラップトップコンピューター。コンピューターは、HP Photosmartにインストールする必要があるワイヤレスネットワークに接続する必要があります。

ケーブルやDSLなどの高速インターネット接続(推奨)。 HP Photosmartをインターネットアクセスのあるワイヤレスネットワークに接続する場合、DHCPを備えたワイヤレスルーター(アクセスポイントまたはベースステーション)を使用することをお勧めします。

WEPキーまたはWPAパスフレーズ(必要な場合)。

ワイヤレスセットアップウィザードを使用してデバイスを接続する方法

1.ネットワーク名(SSID)とWEPキーまたはWPAパスフレーズを書き留めます。

2.ワイヤレスセットアップウィザードを実行します。

a。ホーム画面で[ワイヤレス]をタップし、[設定]を選択します。

b。 [ワイヤレスセットアップウィザード]をタッチします。

3.ワイヤレス接続を確立します。

検出されたネットワークのリストから目的のネットワークを選択します。

4.指示に従います。

5.ソフトウェアをインストールします。

ルーターなしのプリンターへのワイヤレス接続

Wi-Fiデバイスを新しいワイヤレスネットワークとアクセスポイントに接続するのと同じプロセスを使用して、直接ワイヤレス接続により、Wi-Fiデバイス(コンピューターやスマートフォンなど)がWi-Fiネットワーク経由でプリンターに直接接続できます。ワイヤレスネットワークを介した直接ワイヤレス接続を介して、プリンターに直接印刷できます。

ルーターを使用せずにプリンターにワイヤレスで接続する方法

1.コントロールパネルで直接ワイヤレス接続をオンにします。

a。ホーム画面で、ワイヤレスアイコンをタップします。

b。ワイヤレスダイレクトがオフの場合、[設定]をタップします。

c。 [ワイヤレスダイレクト]、[オン](セキュリティなし)、または[オン](セキュリティあり)をタッチします。

セキュリティが有効になっている場合、パスワードを持っているユーザーのみがプリンターにワイヤレスで印刷できます。セキュリティシステムを無効にすると、Wi-Fiデバイスを持つユーザーは、Wi-Fiの範囲内でプリンターに接続できます。

2. Security Direct Wirelessが有効になっている場合、Wireless Directのユーザー名とパスワードを見つけます。

a。ホーム画面で[ワイヤレス]アイコンをタップし、[設定とワイヤレスダイレクト]をタップします。

b。 [名前の表示]をタッチして、名前の[ワイヤレス接続]を表示します。

c。 [パスワードの表示]をタッチして、パスワードを表示します。直接ワイヤレス接続。

3.ワイヤレスネットワークに接続されているコンピューターまたはモバイルデバイスでWi-Fiをオンにし、Directワイヤレスデバイス(HP-print-xx-Photosmart-5520など)を検索して接続します。

セキュリティダイレクトワイヤレス接続が有効になっている場合は、要求に応じてパスワードダイレクトワイヤレス接続を入力します。

1.直接無線接続を介してインターネットに接続できません。

2.接続プリンターがワイヤレスホームネットワークにも接続されている場合でも、直接ワイヤレス接続を利用できます。

3.印刷、スキャン、プリンターのメンテナンスなど、ホームワイヤレスネットワークで利用可能なすべての機能は、プリンターソフトウェアがインストールされたコンピューターがダイレクトワイヤレス接続を介してプリンターに接続されている場合にも利用できます。プリンターがワイヤレスでホームネットワークと直接ワイヤレス接続に同時に接続されている場合、一部の機能がサポートされない場合があります。

ドナータンクの補充方法

容器の大きな開口部に漏斗を挿入してインクを満たし、薄い空気コンパートメントの上にある小さな開口部(チューブの形で作られていることもある)にゴム栓を色に合わせます。漏斗が装備されていない場合もあります。その場合、給油には大容量のシリンジを使用してください。

漏斗を通して対応する色の互換性のある染料(たとえば、)を容器に入れます。容器内のインクの量は、総量の80-90%未満でなければなりません(通常70-80 mlが必要です)。エアコンパートメント(または下部)にインクが入らないようにしてください。そうしないと、バランス調整の問題によりシステムが印刷されない場合があります(詳細については、最初のインストール時に必ずお読みください)。

すべての容器を満たした後、漏斗を取り外し、色付きプラグで穴をしっかりと閉じます。漏斗は、後で燃料補給のために使用するために、水で徹底的にすすがなければなりません。次に、各エアコンパートメントにエアフィルターを取り付けて、システムにほこりが入らないようにします。

カートリッジの出血と補充

ポンピングには別の方法があります。通常はプラグで覆われたカートリッジの穴にシリンジを挿入することで、コンテナからカートリッジにインクを引き込むことができます(後で閉じることを忘れないでください)。この場合、オレンジ色のコースターを取り外す必要はありません。この手順中にカートリッジブロックを裏返すことをお勧めします。そうしないと、インクはインクコンパートメントに蓄積されませんが、フィラーを介してシリンジに直接入り、カートリッジは再充填されません。

ポンピングの代替方法

インクボトルがしっかりと完全に飽和していることを確認してください。

連続フィードシステムをプリンターに取り付ける前に、プリントヘッドキャリッジのフィッティングに特殊なシリコンガスケットを置くことを忘れないでください(CISSに含まれている場合)。カートリッジとプリントヘッド間の接続の信頼性と気密性を保証し、フィラーが移動するのを防ぎます(キャリッジのフィッティングに押し込んで内側に「移動」できます-インクの流れを妨げる空隙が形成されます)。

シリコンガスケットの取り付け

CISSドナーの容量をテーブルの上5 cmのレベルに設定すると、プリントアウトに縞が現れる場合は上げることができ、インク滴が紙に現れるかキャリッジにインクが溜まる場合は下げることができます。

最初の方法

T字型のファスナーまたは長いプラスチックレールがある場合は、作業領域にケーブルを掛けて、必要な長さまでケーブルを解放します。赤は、レールではなくT字型ホルダーの設置場所を示します。

第二の方法

この場合、ケーブルはプリンター上にあり、キャリッジパスの中央にあるコーナーホルダーから作業スペースを離れます(写真を参照)。

プリンターまたはMFPの電源を入れる前に、ケーブルが何にも付着せず、キャリッジの自由な動きを妨げないことを確認してください。

CISSに燃料を補給するには、エアフィルターを取り外し、小さなドナー開口部を閉じます。インク、大きなコンパートメントを開き、それらを振った後、目的の色のインクを静かに塗ります。プラグでインクコンパートメントを閉じてから、空気を開けてください。ほとんど空になっているはずです。

ワイヤレスデバイスのペアリングのアイデアはどこにでもあります。トレンドはspareしみなく、情報を出力するための機器でした。したがって、WiFi経由でプリンターをラップトップに接続する方法の問題を解決する必要があります。

接続する最も簡単な方法

この方法では、Windowsワイヤレスインストールウィザードを使用します。

この方法でWiFi経由でプリンターをコンピューターに接続する前に、ウィザードを使用して印刷機器を接続できることを確認する必要があります。

MFPがWEPおよびWPA暗号化をサポートしている場合、ペアリングは成功します。次の順序でデバイスを接続します。

  1. デバイスコントロールメニューで、[設定]-[ネットワーク]を選択します。ウィザードは、近くのアクセスポイントのリストを表示します。
  2. ワイファイを選択してください。
  3. ネットワーク暗号化パスワードを入力します。

追加の方法

以前の方法が役に立たなかった場合、ワイヤレスプリンターをコンピューターに接続する方法は?別の方法もありますが、前のオプションと比較すると難しいです。そのような方法では、デバイスを接続する際に役割を果たすことができるニュアンスが常にあります。ほとんどの場合、それらはプロバイダーによって提供される工場のIPアドレスとサブネットマスクに関連しています。

ただし、このような状況はまれであるため、MFPを接続しても問題はありません。これは、ほとんどの機器が静的アドレスではなく、動的アドレスを使用するためです。この種の印刷装置の場合、コンピューター設定でデバイスで使用可能なIPアドレスを追加するだけです。この場合、ワイヤーなしでラップトップにプリンターを接続する方法は?以下の手順に従ってください:

接続手順の最後に、出力デバイスとのペアリングが成功したことを通知するウィンドウが表示されます。ラップトップを再起動すると、すぐに印刷機器の使用を開始できます。

HP Deskjet Ink Advantage 3525

Windows XP / Vista / 7/8 / 8.1 / 10-基本パッケージ

サイズ:26.4 MB(x32)および28.2 MB(x64)

Windows 10でのドライバーのインストール

HP Deskjet Ink Advantage 3525プリンター用のドライバーをインストールしますこれらの手順は、デバイスがコンピューターで正常に動作するために必要です。ドライバHP Deskjet Ink Advantage 3525をダウンロードする必要があります。これには、このページのリンクを使用してください。降りる。

ダウンロードしたファイルを実行します(マウスの左ボタンで2回クリックします)。最初のウィンドウで「次へ」をクリックします。情報を掘り下げる必要はありません。

ウィンドウの下部にある空のボックスにチェックを入れます。 「次へ」ボタンは淡色表示されなくなり、クリックします。

ロシア語が逆矢印の近くのウィンドウにあることを確認します。別のものがある場合は、リストからロシア語を選択します。 「次へ」をクリックします。

キットのワイヤーを使用して、プリンターをコンセントに接続します。再び「次へ」。

プリンター自体の丸いボタンをクリックすると、電源が入ります。再び「次へ」。

プリンターには小さな画面があります。そこに言語「ロシア語」と地域をインストールします。再び「次へ」。

カートリッジをデバイスに挿入します。これを行う方法はビデオを表示します。 「次へ」をクリックします。

印刷用紙を特別なトレイに入れ、[次へ]をクリックします。それをどこに置くかわからない、ビデオを見ます。

ここで、調整ページを印刷し、ビデオを再び救助します。 「次へ」をクリックします。

同じボタンで次のステップに進みます。

「USB」という単語の横にある円をクリックしてから、「次へ」をクリックします。

プリンターをコンピューターに接続します。手順は新しいウィンドウに表示されます。どこでも刈り取る必要はありませんが、プログラムが設定を完了するまで待ちます。

インストーラーが要求する手順に従い、「完了」をクリックします。

HPプリンターの接続方法

hpプリンターの接続は本質的に非常に簡単な手順ですが、一部のユーザーはこの会社のプリンターを接続するのがまだ困難な場合があります。 hpプリンターの接続をより詳細に検討します。

HPプリンターのセットアップと接続

まず、プリンターに付属のusbケーブルをプリンターの背面の入力とコンピューターのusbポートに接続する必要があります。次に、電源ボタンを押して、1つのインジケータが点灯するまで待つ必要があります。他のデバイスインジケータが点灯していないことを確認してください。コンピューターはプリンターを自動的に検出するはずです。その後、ドライバーをインストールする必要があります。

特性、外観、装備

メーカーが発表した仕様から始めます。

HP Deskjet Ink Advantage 5525 e-オールインワンMFPの主な機能
機能色:印刷、コピー、スキャン
印刷技術、色数HPサーマルインクジェット
寸法(H×W×D)、mm146×436×325
(トレイとカバーは閉じており、ケーブルはありません)
414×436×575
(トレイを伸ばし、カバーを開け、ケーブルを接続)
重量(正味/総)、kg5,1/6,5
電源最大14.64 W、100〜240 V AC、50/60 Hz
スクリーン6.74 cm、タッチカラーLCD
標準ポートUSB 2.0(タイプB)
Wi-Fi 802.11b / g / n
印刷解像度カラー:最大4800×2200 dpi
白黒:最大1200×600 dpi
スキャン解像度最大1200 dpi、24ビット
印刷速度、ISO色:最大8 ppm
白黒:最大11 ppm
記憶容量64 MB
メモリカードの互換性メモリースティックデュオ
セキュアデジタル/マルチメディアカード
サポートされているオペレーティングシステムMicrosoft Windows、Apple Mac OS
毎月の負荷:
最大
お勧め

1000 A4ページ
300-400 A4ページ
プリンター管理言語HP PCL 3 GUI
カートリッジHP655ブラック(CZ109AE)、最大550ページ
シアンHP655(CZ110AE)、最大600ページ
マゼンタHP655(CZ111AE)、最大600ページ
HP655イエロー(CZ112AE)、最大600ページ
保証期間12ヶ月
HP Deskjet Ink Advantage 5525の完全な機能

ご覧のとおり、プリンター自体は軽量でコンパクトで、小さくて適切に設計された箱に詰められています。インストールするときは、スキャナーの蓋を開けられるように、プリンターの上に十分なスペースを用意するだけです。このカバーに慣れる必要があると言わなければなりません。スキャナー自体は、たとえばカートリッジを交換したり詰まった用紙を取り除くときに折りたたむ必要があるプリンターカバーです。最初は、スキャナー全体を折りたたんで原稿をガラスの上に置きたいだけです。それ自体のカバーの存在は視覚的に目立ちません。

プリンターは、高さ34〜35 cmのニッチに配置できます。これは、スキャナーの蓋を完全に開けることはできませんが、内部にアクセスしてスキャナーを操作するには十分です。

残念ながら、スキャナーのふたは完全にはロックされておらず、わずかな力で叩かれることがあります。途中で注意してください:スキャナーカバーのヒンジは最も一般的で、厚い原稿(本、雑誌)がガラスの上に置かれても上昇しません。

プリンタの背面へのアクセスは、ケーブルを接続する場合にのみ必要です。詰まった用紙を取り除くには、プリンターカバーを開いて、ペンでカバーを取り外します。

入力トレイと出力トレイは、プリンタの下部の前面にあります。給紙トレイは格納式で、ヒンジ付きの蓋があり、最大80枚の普通紙、最大30枚の写真用紙、最大5枚の封筒、または最大40枚のフィルムを収納できます。用紙を積み重ねるには、トレイを(全体または一部で)延ばす必要はありません。用紙の束を貼り付けることができます。用紙がない場合、用紙を最後まで進めることが重要です。そうしないと、給紙に問題が発生します。ここに問題はありません:1回または2回試行した後、ユーザーは用紙を正しく積み重ねることに慣れますが、毎回サイド制限プレートの位置に注意を払うことに慣れることはより困難であり、用紙は時々斜めに給紙を開始します。

受け皿は、独立したデザインとはほとんど言えません。これは、給紙皿から伸びるプラスチック製のブラケットであり、最大15枚の普通紙または最大10枚の写真用紙を保持できます。このトレイを使用する場合、精度を忘れてはなりません。非常に耐久性がありません。繰り返しますが、その容量は小さいです-私たちの観察によれば、テストすると、20枚以上の普通紙がすでに不十分に保持されており、崩れる可能性があります。また、サイクルあたりの最大コピー数(最大50)が宣言されているため、受け取りトレイの容量はまったく適合しません。一般に、大量の印刷またはコピーでは、印刷物が崩れないように常に監視する必要があります。

5525にはドキュメントフィーダーはありませんが、自動両面印刷(両面、両面)があります。

プリンターの外観は非常に控えめで、ほとんどの表面はつや消しですが、光沢がないわけではありません。前面にかなり幅広の光沢のあるバンドがあり、その前にコントロールパネルがはみ出し、光沢もあります。

コントロールパネルは、プリンターの前面に傾けられた大型のスマートフォンに似ています。 На ней выделяется круглая кнопка включения-выключения (с белой подсветкой) — единственный механический орган управления, все остальные кнопки сенсорные (либо на цветном ЖК-экране, либо вокруг него) и задействуются в зависимости от режима работы.

Сенсорный экран с диагональю 6,74 см имеет неплохую чувствительность и достаточную яркость (она имеет три ступени регулировки). しかし、コントラストには問題があり、パネルの設置角度ほどスクリーン自体には関係していません:表面に垂直なスクリーンを見るとコントラストは十分ですが、テーブルに設置されたプリンターの隣に座っている人には可能です。その人が座っていないが、仕事に都合の良い距離に立っている場合、画面上の画像はさらに悪くなり、プリンタから離れるか、屈む必要があります。さて、どのような場合でも、パネルの光沢のある表面からの反射が干渉します。さらに、画面に触れると痕跡が残ることはありません。指紋ですぐに覆い隠され、見た目が悪くなります。

メモリカードを接続するためのスロットは、用紙トレイの左側にある目立たないカバーの後ろに隠れています。 SD / MMCカードとMemory Stick Duoを接続できますが、USBスティックでの作業は提供されていません。

1.7メートルの電源ケーブル、ソフトウェアCD、説明、および4つのスターターカートリッジが含まれています。 USBインターフェイスケーブルは別途購入する必要があります。

カートリッジの一般名はHP 655です。メーカーの色別インデックスは次のとおりです。

  • CZ109AEブラック(ブラック)
  • CZ110AEシアン(シアン)
  • CZ111AEマゼンタ
  • CZ112AEイエロー(イエロー)

ブラックカートリッジの平均印刷可能枚数は550ページ、カラー-600ページです。これらは、HP Deskjet Ink Advantageファミリーの3525、4615、4625、5525、および6525プリンターにインストールされるように設計されています。各カートリッジはインクタンクとコントロールチップのみであるため、カートリッジの価格は安いです。

HPプリンター用ドライバーをダウンロード

  1. 原則として、hpプリンターを構成するにはドライバーのインストールが必要なので、公式のHP Webサイトからドライバーをダウンロードする必要があります。これは、サードパーティのサイトでは推奨されません-マルウェアをダウンロードするリスクがあります。
  2. 表示されるメニューで、プリンターのモデルを選択する必要があります。 [OK]をクリックし、次のメニューに移動して、ダウンロードするプログラムを提供します。
  3. ダウンロードは、オペレーティングシステムのビット深度、つまり32または64ビットに基づいて行う必要があります。
  4. その中で、ベースドライバーを選択する必要があります。
  5. 「ダウンロード」をクリックして、ドライバーがダウンロードされるのを待ちます。

仕事の準備

プレス用のサンプルである「プレステストユニット」を入手しました。このサンプルでは、​​固定搬送テープがすでに取り除かれ、カートリッジが取り付けられ、約80枚の用紙が印刷されました。

ただし、最初のインストール手順で問題が発生することはありません。すべての出荷テープは外部から見えるため、一部の取り外しを忘れることはありません。カートリッジのインストール手順はアニメーションヘルプに表示されます-ただし、ヘルプにアクセスするには、最初に付属のディスクからソフトウェアをインストールする必要がありますが、ただダウンロードするだけですメーカーのウェブサイトからロシア語のユーザーマニュアル。さらに、カートリッジのパッケージにヒントがあります。

次に、コントロールパネルに慣れる必要があります。その完全な機能はマニュアルで説明されているので、ほんの少しの言葉を言ってみましょう。

仕事では、ロシア語を含むいくつかの言語のいずれかを選択できます。全体としてのロシア化は非常に正常であり、一部の場所でのみ「アプリ」などのラテン文字が刻まれています。

LCDのアイコンによって表示される5つの主要なモードがあります。コピー、写真の操作、スキャン、アプリケーション(同じ「アプリ」)およびテンプレートの操作です。もちろん、各モードにはパラメーターがあります。

画面の「ホームページ」には、4つのボタンからなる個別の行もあります。2つはワイヤレス管理メニューへのアクセスを提供し、3つ目はおおよそのインクレベルに関する情報を表示し、4つ目はプリンター設定メニューにアクセスできます。

画面の左右にある4つのタッチボタンはナビゲーションを支援し、状況に応じてアクティブになり、強調表示されます。画面の側面にあるもう2つの慣れ親しみは、ヘルプを呼び出すためのボタン(もちろん、包括的ではありません)と現在​​の操作をキャンセルするためのボタンで占められています。最後に、電源ボタンの上に、ワイヤレスコントロールメニューとePrint機能を呼び出すように設計された、独自のLEDインジケータを備えた2つのタッチボタンがあります。

ドライバーのインストール

ドライバーをダウンロードしたら、インストールする必要があります。

  1. これを行うには、ドライバーのショートカットをクリックして、自動インストールを待ちます。
  2. その後、USBケーブルをコンピューターから外す必要があります。これにより、プリンターが中断する可能性があります。
  3. インストールの最終段階で、プログラムはケーブルの接続を要求します。接続して、インストールが完了するのを待ちます。
  4. ドライバーがインストールされたら、「プリンターの構成」をクリックすると、セットアップウィザードがプリンターを自動的に構成します。
  5. プリンターを接続できない場合は、プリンターパネルの電源ボタンを10秒間(または信号の前に)押して設定をリセットしてください。

基本ドライバーのおかげで、プリンターの基本機能を有効にできます。他の機能を使用するには、追加のソフトウェアをダウンロードする必要があります。これは、HPのWebサイト(上記のリンク)で見つけることができます。

ドライバーのインストール中またはプリンターの操作中にエラーが発生した場合は、サポートに連絡することをお勧めします。ネットワーク上にある特別なファームウェアを使用しないことを強くお勧めします。これらのプログラムは、プリンターの誤動作を引き起こしたり、故障の原因になったりする可能性があります。追加のソフトウェアは、hpサイトの「自動化ユーティリティ」セクションからダウンロードできます。

HP Deskjet Ink Advantage 3525を購入してパーソナルコンピューターに接続した後、そのオペレーティングシステムは新しい機器の使用方法を認識しません。これは、コンピューターに特定の指示がないという事実によるものです。このギャップを埋めるのはドライバーのみです。さらに、それらが新鮮であることが不可欠です。さもないと、すべてのプリンター機能を使用できなくなります。これらの便利なアプリケーションにより、プリンターはフル機能のMac OSおよびWindowsオペレーティングシステムをサポートできます。

オフライン作業

コンピューターに接続したり、モバイルデバイスとの通信を確立したりすることなく、基本的なパラメーターの構成、一部のメンテナンス機能の実行、コピー、メモリカードとアプリケーションの操作のみを行うことができます。

「ホームページ」メニューの最初のアイコンは「写真」アイコンです。このアイコンを使用すると、既に印刷された写真をスキャナーのガラスからコピーしたり、メモリカード上の画像を操作したりできます。カードをスロットにインストールすると、プリンターはそのコンテンツ(ルートディレクトリだけでなくフォルダー内)でJPEG、TIFF、およびPNG-24ファイルを検索し、画面の画像をギャラリーの形式で表示します。少し待つと、写真がスライドショーで交互に表示されます。

各写真を個別に表示、編集-回転、サイズ変更、トリミングなど(もちろん、プリンターの機能でグラフィックエディターを置き換えることはできません)、レイアウト(たとえば、10×15枚)を決定し、目的の部数で印刷できます。

電子形式の既存の写真から、パスポートまたはその他の文書の写真を撮ることができます:将来の写真に必要なサイズ(たとえば、25×36 mm)、印刷するフォト用紙のサイズを設定し、ファイルからの画像がトリミングされ、その後プリンターが縮小されます指定されたサイズに、最大の可能な量でレイアウトに配置し、印刷します。

「紙」の写真をコピーする必要がある場合、最初にスキャンされ、メモリカードのファイルと同じ方法で処理され、印刷されます。当然、これにはメモリーカードの参加は必要ありません。

「コピー」アイコンを使用すると、イラストを含むドキュメントを白黒(より正確にはグレースケール)またはカラーモードでコピーできます。コピーの品質を設定したり、コピーを明るくしたり暗くしたり、エッジを移動したりすることができます。メニューの奥深くに移動する必要がありますが、主なパラメーター-コピーの数、品質(メニューまたはドラフトで設定)、カラーまたは白黒-を設定します最初のコピーモードウィンドウ。そこで、両面原稿のコピーまたは両面コピーへの両面コピーを指定できます。

「スキャナー」アイコンをクリックすると、スキャンした画像を保存する方法(電子メール、コンピューター、またはメモリーカード)が尋ねられます。最初の2つの方法については後ほど説明しますが、ここでは、特に3つの方法すべての手順のほとんどが同じであるため、スキャンをマップに保存することについていくつか説明します。そのため、最初に画面をタッチして将来のスキャンをプレビューするように求められます。原稿のサイズがA4より小さい場合、サイズは自動的に決定され、フチ無し画像が画面に表示され、スキャンされます。この段階で、保存形式(JPEGまたはPDF)と解像度(200、300、または600 dpi)を設定できます。その後、スキャンを開始できます。

ファイルは、自動的に作成されたDCIMフォルダーに保存されます。DCIMフォルダーでは、各フォルダーに保存されるファイル数に制限のあるサブフォルダーが形成されます(デジタルカメラで発生する現象と同様)。ファイル名の形式はScanXXXX.jpg(pdf)です。XXXXは自動的にインクリメントされる番号です。費やした時間と受信したファイルのサイズは、「テスト」セクションで説明しました。

言われたように、アプリケーション(「アプリ」アイコン)の操作は、Wi-Fiネットワーク経由でインターネットに接続している場合にのみ可能ですが、「テンプレート」アイコンをクリックすると、事前定義済みのテンプレートセットをすぐに使用できます。 6セットのテンプレートが利用可能です-カレンダー、リスト、ゲーム、メモ帳、グラフ用紙、音楽用紙、それぞれに2〜4のオプションがあり、テンプレートの碑文(ある場合)はロシア化されています。それらのいくつかはスキャンで表示されます。もちろん、各所有者とそのような印刷物は毎日必要ではありませんが、何かが役に立つかもしれません。

プリンターが接続されているネットワークがインターネットにアクセスできる場合、Appsアプリケーションも使用可能になります。テスト時には、テンプレートのセット(実際には上記で説明したものと同じですが、いくつか追加するだけでした)と、ドリームワークスの人気漫画のキャラクターを含む豊富な写真のセット-塗り絵、パズル、就学前および小学校の子供向けのゲームが利用できました将来のユーザーにHewlett-Packard製品を提供します。さらに、テンプレートと写真のセットが補充されることを期待しています。印刷プロセス自体は非常に簡単です。カテゴリとその中の写真を選択し、必要な数を設定して、インターネットから画像がダウンロードされて印刷されるのを待ちます。例はスキャンで見ることができます。

ドライバーのインストール方法

当社のWebサイトでHP Deskjet Ink Advantage 3525プリンターのドライバーをダウンロードしたら、すぐにインストールを開始できます。これを行うには、次を実行します。

  1. 適切なアーカイバー(.rarまたは.zip)を使用して、ダウンロードしたドライバーを解凍します。
  2. 必ずプリンターの電源を切ってください。
  3. 管理者に代わって、拡張子が.exeのファイルを実行します。このようなファイルは、Install.exeまたはその他の方法で名前が付けられる場合があることに注意してください。
  4. インストーラーが報告する手順に従います。ある時点で、彼はプリンターの電源を入れるように頼みます。この時点でのみ、この操作を行うことができます。
  5. デバイスを接続するときに、ユーティリティを実行します。
  6. 必要な設定を行います。ここでは直観のレベルですべてが明らかです。
  7. コンピューターを再起動します。

HP Deskjet Ink Advantage 3525-堅牢な機能、使いやすさ、魅力的な外観を備えたモデル。家庭やオフィスでの使用に適しています。このデバイスの独自性は、標準的な通信方法(USB経由)とワイヤレスWi-Fiネットワークの使用の両方をサポートしているという事実にあります。白黒とカラー印刷の両方を取得できます。最高の品質を実現するには、上記のように最新のドライバーを使用してインストールするだけで十分です。

USBポートに接続してコンピューターを操作する

接続は、ケーブルでプリンターとコンピューターを接続することからではなく、ドライバーとソフトウェアのインストールから始まります。

インストール済みアプリケーションの選択が提供されます。

  • HP製品を改善するための研究、
  • HP Deskjet 5520シリーズヘルプ、
  • Microsoft Bingダッシュボード、
  • インストールされたソフトウェアを更新するためのHP Updateソフトウェア
  • HP Photo Creationsエディター(キットのディスクにはこのプログラムのインストーラーのみがあり、プログラム自体をダウンロードするにはインターネットアクセスが必要です)。

接続方法を選択することをさらに提案します。

USB接続を選択すると、一部のサービスがプリンターで使用できないことを示す警告が表示されます。そして、プリンタとコンピュータをケーブルで接続する提案が表示されます。

ドライバーとソフトウェアをインストールした後、プリンターと対話するためのいくつかのパラメーターを選択する必要があります-インク残量に関する警告を表示する方法、アイドル時の自動シャットオフ時間、さらにカートリッジをプリンターに「結び付け」て、敵がそれらを盗んで他の同様のプリンターに入れないようにするそれは必要かつ重要であり、私たちは判断しません)、カートリッジ自体を補充して別のプリンターで使用することはできませんでした(これは非常に重要ですが、ユーザーにとってではなく、メーカーにとって)。

これに続いて、節約の呼びかけが行われます-紙(両面に印刷し、リサイクル素材から紙を使用してください!)そして、メーカーが提案した技術による電力。プロセスは「HPプリンターアシスタント」ウィンドウの表示で終了します。このウィンドウでは、プリンター設定の表示と変更、メンテナンス操作の実行、スキャンの開始ができます。

インクレベルを推定することもできます。

注:このスクリーンショットでは、シアンカートリッジは単に「655」と指定されています。これは別の配達からのもので、残りはプリンタに付属しており、「655セットアップ」とマークされています.

インクレベルの評価では、すべてがスムーズに進んでいないことを言わなければなりません:カートリッジの1つのインクが明らかになくなった場合(この色の塗りつぶしがテストシート上で消えた場合)でも、「HP Printer Assistant」とプリンター自体の対応するメニュー項目は最小限ではありますが、ほぼ同じでした、すべてのカートリッジのレベル。低インクレベルに関するメッセージ(「インク切れ」)は、以前はプリンターのインジケーターとコンピューターに表示されていましたが、何となく目立たず、インクがなくなった後、プリンターとコンピューターの両方がアラーム信号を発しませんでした...

「すぐにインク警告を表示」および「印刷時のみ」を設定して表示しようとしましたが、プリンタは警告を発せずに残りの色のインクで印刷を続けました。

言うのは難しいです:カートリッジの1つにインクの終わりにハードストップがないことは、利点または欠点です。 1つ確かなことは、所有者がインクが最後の一滴まで使用されたことに疑いがないことです。

ドライバーが提供するプリセットは、すでにHewlett-Packard製品を扱っている人ならなじみがあります。

印刷機能について説明することはあまりないので、スキャンについて少し説明しましょう。 TWAINとWIAの2つのドライバーがインストールされます。 WIAインターフェースは標準であり、その中の設定セットは豊富ではありません。

この場合のTWAINドライバーは、幅広い設定を損なうことはありませんが、頻繁に使用するスキャンタスク用のプリセットセットを作成できます。たとえば、「HPプリンターアシスタント」からスキ​​ャン機能を使用する場合、TWAINドライバーが有効になります。

プリンターパネルからコンピューターへのスキャンを開始できます。コンピューターを宛先として選択し、USB経由で接続されているコンピューターを設定するだけです。確かに、メモリカードへのスキャンとは対照的に、ここでは保存形式(JPGまたはPDF)しか選択できませんが、何らかの理由で解像度を設定することはできません:200 dpiのみです。スキャンした画像は「マイドキュメント」フォルダに表示されます。名前の指定方法は、メモリカードへのスキャン時と同じです。

Wi-Fi接続

まず、ネットワーク上のルーターにプリンターをドッキングする必要があります。そのためには、タッチスクリーンレンチのボタンを押すか、プリンターのコントロールパネルでワイヤレス接続を管理する別のボタンを押して、[ワイヤレスネットワークウィザード]または[設定]を選択します。その後、利用可能なネットワークのリストを取得し、必要なネットワークを選択してパスワードを入力できますが、WPS(Wi-Fi Protected Setup)機能を使用する方が簡単です-最初にルーターのWPSボタンを押してから、プリンターでウィザードを実行します。このプロセスには数秒かかります。その後、前に点滅していた青色のWi-FiモードLEDが常時点灯し始め、所有者はレポートを印刷してネットワークで作業を開始できます。

デフォルトでは、プリンターはDHCPを介してIPアドレスを自動的に受信しますが、DHCPで静的アドレスを設定するか、そのアドレスを予約することをお勧めします。

次に、キットのCDが必要なコンピューターにプリンタードライバーをインストールする必要があります。手順は、ローカル接続の場合と同じです。

プリンターには独自のRussified Webインターフェイスがあり、これを使用して、ステータス、設定、メンテナンス、およびスキャンを確認できます。 Webベースのインターフェイスにアクセスするには、ブラウザーのアドレスバーにプリンターのIPアドレスを入力するだけで、プリンターパネルのワイヤレスコントロールボタンを押してアドレスを確認できます。

Web-сканирование по умолчанию отключено, для его включения нужно перейти на вкладку «Параметры», затем «Защита», «Параметры администратора», где и включить эту функцию. Сведения об этом появляются при заходе на вкладку «Сканирование», но там указан несколько иной путь к нужному месту — видимо, нестыковка возникла при русификации. При включении функции web-сканирования есть примечание о том, что для вступления настроек в силу нужно выключить и снова включить принтер, нам этого делать не пришлось — сканирование стало доступным сразу.

Нажатие «Запуск сканирования» выведет отсканированное изображение в окно просмотра, а клик по этому окну позволит сохранить файл на компьютер. JPEGとPNGの2つの形式があります。解像度と色の設定、圧縮率の設定、輝度の調整が可能です(すべての変更は、[スキャンの開始]をクリックした後にのみ表示ウィンドウに表示されます)。

設定できないのはスキャン領域のみで、用紙サイズのみ設定できます。

ただし、ローカル接続時に行われたように、「HP Printer Assistant」、およびWIAおよびTWAINドライバーを介したAcquireをサポートするグラフィックプログラムからスキャンできます。 「アシスタント」を通じて、Wi-Fi経由で接続すると、プリンター、設定、およびメンテナンスに関する情報の表示が可能になり、インターフェイスに新しいアイテムが表示されます。プリンターのWebベースのインターフェイスに切り替えてスキャンを管理します。

メールでスキャン

もちろん、この機能とePrint機能は、Wi-Fi経由でインターネットにアクセスできるネットワークに接続するときに使用できます。

プリンターのコントロールパネルから電子メールにスキャンするには、受信者アドレスを設定する必要があります。入力行が表示されます。最初に指で押してキーボードを表示する必要があります。次に、4桁のPINコード(送信者アドレス)が指定されたアドレスに送信されます [email protected]、スキャンおよび送信されたすべての画像について、アドレスは同じになります)、プリンタに入力する必要があります。その後、電子メールによるスキャンの受信者が1人の場合、受信者アドレスは自動ログインに使用できます。または、そのようなユーザーが複数いる場合は、アドレスリストに保存できます。ユーザーがPINコードを忘れた場合、新しいPINコードを取得できます。

電子メールにスキャンする場合、スキャン対象を選択する必要があります:写真(JPEGファイルが送信され、4×6インチからA4までのシート形式を設定する必要があります)またはドキュメント(PDF形式、追加の設定はありません)。スキャン手順の後、終了したことを示すメッセージが表示されますが、[OK]ボタンを押す必要はありません。送信が自動的に開始されます。ネットワーク負荷とインターネットチャネルに応じて、送信フェーズは非常に長く、最大数分かかる場合がありますが、この時点でプリンターを使用して他のタスクを実行できます。

この機能は、モバイルデバイスおよびローカルネットワークからだけでなく、世界中のあらゆるコンピューターから送信されたジョブをプリンターで印刷することを目的としています。追加のソフトウェアをインストールする必要はありません。

まず、プリンターでこの機能を有効にする必要があります。たとえば、ePrintボタンを押すと、最終結果は、「チートシート」印刷でこのプリンターの電子メールアドレスを取得します。住所の形式を覚えるのは非常に困難です。13の文字と数字の組み合わせがあり、それに追加する必要があります @ hpeprint.com.

これで、ePrint機能を使用できます。これには、印刷用のファイルを電子メールメッセージに添付し、プリンターの電子メールアドレスに送信するだけで十分です。 BMP、GIF、JPG、PNGおよびTIFF形式の写真およびその他の画像、Microsoft Word、ExcelおよびPowerPointファイル、HTML、PDFおよびTXTテキストファイルがサポートされています。もちろん、ファイルサイズには制限があります。メールメッセージ全体と各添付ファイルは5メガバイトを超えることはできません。また、添付ファイルの総数は10を超えてはなりません。 Hewlett-PackardのWebサイトには、他の使用条件がいくつかあります。

印刷ジョブの送信中にプリンターの電源がオフになっているかネットワークに接続されていない場合、ジョブはePrintサーバーに24時間保存されますが、印刷するにはeprintcenter.com(またはhpeprint.com-とにかく目的のサーバーにリダイレクトする)のアカウントが必要ですページ)、入力後、タスクの履歴を表示し、印刷されなかったタスクを印刷できます。

登録手順は非常に簡単です。メールアドレスを指定するだけで、自分とプリンターを設定するだけでなく、パスワードを設定(および記憶)するだけです。とりわけ、プリンターを使用してePrintで印刷することを許可されている送信者のリストを作成できます。

ただし、印刷オプションの選択は非常に限られています。したがって、ジョブは常に300 dpiの解像度で印刷され、用紙サイズはA4、Letter、Legalからのみ選択できます(もちろん、この選択はプリンターの入力トレイにスタックされている実際の用紙サイズには影響しません)。実際には、調整に使用できる唯一のパラメーターは、すべてのジョブのカラー印刷またはモノクロ印刷の選択です。

ただし、プリンターのメールアドレスをよりわかりやすいものに変更することはできます。さらに、所有者は自分のアカウントに複数のプリンターを登録して、後でそれらを削除したり、リストから各プリンターにアプリケーションを追加したりできます。アカウントをそれ以上使用する必要がない場合は、アカウント自体を削除できます。

テストのために、反復可能な独自の方法論を使用しており、取得した結果が公式サイトに示されている結果と一致しない場合があります。以前に採用され、修正され、補足された方法論が基礎となります。

電源を入れた後の準備:26〜28〜47〜48秒。電源ボタンを押してからさまざまなプロセスが終了するまで測定し、プリントヘッドとそれに対応する音で操作します。この時間のギャップは、長時間のシャットダウン後(準備が完了するまでの時間)と短時間シャットダウンした後(短時間)のプリンターの初期化手順の違いによって説明されます。

印刷速度

プリンターとコンピューターのUSB接続の値が取得されます。プリンターとコンピューターの両方がWi-Fi経由で接続されている場合(インフラストラクチャモード、802.11n、テストネットワークに他のデバイスはありません)、ほとんどのさまざまなテストファイルの印刷時間はほぼ同じです。

PDFファイル、テキスト情報を含む11 A4シートのモノクロ印刷、最初のシートからのカウントダウン:

品質リードタイム、分速度ppm
下書き0:3318
いつもの0:4314
高い4:322,2

PDFファイル、グラフィックデザインとカラーのイラストを含む20枚のテキストを印刷します。

品質リードタイム、分速度ppm
下書き2:139
いつもの5:263,7
高い16:231,2

私たちが取得した値は、ドラフトだけでなく通常の印刷品質でも、モノクロ印刷の宣言速度(最大11 ppm)とよく一致していますが、カラー文書の場合、印刷速度はドラフト品質のみで宣言速度(最大8 ppm)に近いです。ただし、メーカーは測定にISOメソッドを使用し、メーカーが宣言した特性を確認することを決定した消費者はほぼ確実にこれを行うことができないため、私たちは繰り返しにアクセスしやすい独自のメソッドを使用していることを思い出します-パブリックドメインでテストシートを見つけることができない場合のみISO / IEC標準。

30ページのDOCファイル(モノクロ印刷、標準品質、デフォルトのマージン、Times New Romanフォントのテキスト10ポイント、MS Wordのヘッダー12ポイント):

リードタイム、分速度、側面/分
片面3:358,4
両面 *)6:045

*)両面印刷は、MS Wordの印刷ダイアログではなく、プリンターのプロパティで(つまり、ドライバーを使用して)割り当てる必要があります。

両面操作では、シートの最初の面を印刷した後、数秒の休止を行ってインクを乾燥させます。もちろん、両面印刷の速度は低下しますが、他のプリンターほどではありません。

A4カラー写真の印刷時間:

Pin
Send
Share
Send
Send

目標品質リードタイム、分