役に立つヒント

Outlook 2010がインストールされている別のコンピューターにOutlookデータを転送する

Pin
Send
Share
Send
Send


オペレーティングシステムがクラッシュしました。システムは再インストールされましたが、問題があります。アカウントとメールをあるシステムから別のシステムに転送することです。多くの人は、「個人用フォルダ」を転送するには、新しく作成したファイル(または2番目に接続したファイル)ではなく、Outlook.pstファイルを見つけてコピーするだけで十分であることを知っています。 「7」では、ここにあります:C: Users %USERNAME% AppData Local Microsoft Outlook Outlook.pst、%USERNAME%はユーザー名(または、ユーザープロファイルが配置されているフォルダーの名前) 。ちなみに、クラッシュしたオペレーティングシステムが別のディスク上にある場合、ディスクにC:がない場合もあります。しかし、「アカウント」の設定を転送する方法は?まあ、いくつかのピースがあった場合-あなたは簡単かつ簡単にそれらを再び作成することができます。そして、それらの少なくとも10があったら?!そのためには、クラッシュしたシステムをユーザープロファイルレジストリからプルし、次のブランチを現在のプロファイルにインポートする必要があることがわかります。
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Office Outlook OMI Account Manager
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Windows NT CurrentVersion Windows Messaging Subsystem Profiles Outlook
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Office %office version% Outlook Optionsここで、%office version%は、使用するバージョンに応じて11.0、12.0、14.0などです。

これを行うには、次の手順を実行します。

1. Regedt32を開き、[ファイル]メニューから[ハイブの読み込み]を選択します。 »障害が発生したシステムのプロファイルからNTUSER.DATを接続します。 「HKEY_USERS」セクションに移動し、「ファイル」->「ハイブのロード」を選択する必要があります。 »そして、古いプロファイルのNTUSER.DATファイルをプログラムにポイントします(クラッシュしたシステムの[ユーザー]または[ドキュメントと設定]フォルダー内のユーザーフォルダーで見つけます)。 Regedt32プログラムは、接続されたブランチの名前を尋ねます。たとえば、「1234」と名前を付けましょう。

2.接続したばかりのブランチ「1234」で、上記の3つのブランチを検索し、* .regファイルにエクスポートします。ここでのみ、もちろん、彼らは「HKEY_CURRENT_USER 」ではなく、「HKEY_USERS 1234 」で始まります。目的のブランチを* .regファイルにエクスポートするには、目的のブランチに移動し、[ファイル]-> [エクスポート...]メニューからエクスポートします(エクスポートするファイルの目的の名前と場所を指定する必要があります)。レジストリ内の3つのパスすべてで同様のアクションを実行し、3つのregファイルを取得します。

3.メモ帳で受け取った3つのregファイルを1つずつ開き(たとえば、エクスプローラで右ボタンを押して、ポップアップメニューの[編集]項目を選択します)、[HKEY_USERS 1234]を[HKEY_CURRENT_USER]に置き換えます。これにより、インポート中の情報が現在のプロファイルに入り、現在の情報が上書きされます。

4.現在の設定もエクスポートすることを強くお勧めします。これにより、何か問題が発生した場合にすべてを復元することができます。これを行うには、レイジーにならず、現在のパスについてのみ、ポイント2のすべての手順に従います(「HKEY_CURRENT_USER」セクションを操作する必要があります)。これで、問題が発生した場合に、この手順で受信したファイルをインポートして、設定の現在の状態を復元できます。

5.次に、Outlookを実際に閉じ(開いていた場合)、手順3で取得したファイルをインポートします。Windowsエクスプローラーでそれらを開き、警告に肯定的に応答します。

それだけです! Outlookを開くと、既製の「アカウント」の完全なリストが表示されます。このようにこれらのレコードのメールボックスへのパスワードは転送されません(ただし、古いプロファイルからはまったく転送されていないようです!)、覚えておいてください(または「パスワードを忘れました」で変更してください)。

メッセージ、予定表アイテム、連絡先、およびタスクを保存する場所

Microsoft Exchange Server、Windows Live Hotmail、Google Gmailなどの一部の種類のアカウントでは、データはメールサーバーに保存されます。パフォーマンスを向上させるために、これらのアカウントの一部はローカルコンピューター上のデータの同期コピーを使用しますが、メールサーバーからすべてのデータを新しいコンピューターに再ダウンロードできるため、これらのファイルをバックアップしたり、どこに移動したりする必要はありません。

最も一般的なPOP3アカウントなど、他の種類のアカウントの場合、すべてのメッセージ、連絡先、予定表アイテム、タスク、メモはローカルコンピューターのファイルに保存されます。このファイルは、Outlook 2010より前のバージョンのOutlookでは個人用フォルダーファイルと呼ばれます。 Outlook 2010では、Outlookデータファイルと呼ばれます。 Outlookのすべてのバージョンでは、このファイルの拡張子は.pstであるため、多くの場合、単に.pstファイルと呼ばれます。

インターネットサービスプロバイダーは通常、ユーザーにPOP3メールアカウントを提供します。

アカウントタイプの定義

古いコンピューターのOutlookで構成されている電子メールアカウントの種類を確認するには、次の手順を実行します。

  • Outlook 2010 [ファイル]タブをクリックします。 [アカウント設定]ボタンをクリックし、[アカウント設定]を選択します。アカウントの種類は、[メール]タブの[種類]列に一覧表示されます。
  • Outlook 2007 [ツール]メニューの[アカウント設定]をクリックします。アカウントの種類は、[メール]タブの[種類]列に一覧表示されます。
  • Outlook 2003 [ツール]メニューから[メールアカウント]を選択します。 [既存のアカウントの表示または編集]をクリックします。アカウントの種類は、[メール]タブの[種類]列に一覧表示されます。

最も一般的なオプションを以下にリストします。

種類説明データファイル
Microsoft ExchangeExchange Serverアカウントデータは通常、Exchange Serverメールサーバーに保存されます。コンピューターに保存されているオフラインのOutlookデータファイル(.ostファイル)を移動したり、バックアップしたりする必要はありません。このようなファイルは、Outlookでアカウントを追加すると、新しいコンピューターに自動的に作成されます。
POPまたはPOP / SMTPPop3データは、ローカルコンピューターのOutlookデータファイル(.pstファイル)に保存されます。既存のアイテムへのアクセスを提供するには、このファイルを新しいコンピューターに移動する必要があります。
マピWindows Live Hotmail(Outlook Hotmail Connector経由)データはWindows Live Hotmailサーバーに保存されます。コンピューターに保存されているオフラインのOutlookデータファイル(.ostファイル)やOutlookデータファイル(.pstファイル)を移動したり、バックアップしたりする必要はありません。これらのファイルは、Outlookでアカウントを追加すると、新しいコンピューターに自動的に作成されます。
IMAPまたはIMAP / SMTPIMAP4アカウントデータはメールサーバーに保存されます。アイテムの同期コピーは、ローカルコンピューターのOutlookデータファイル(.pstファイル)に保存されます。これらのファイルを移動またはバックアップする必要はありません。これらのファイルは、Outlookでアカウントを追加すると、新しいコンピューターに自動的に作成されます。

Outlookプロファイルを別のコンピューターに転送する

オプション1:Windowsを介したOutlookプロファイルの簡単な転送

オペレーティングシステムがクラッシュしました。システムは再インストールされましたが、問題があります。アカウントとメールをあるシステムから別のシステムに転送することです。多くの人は、「個人用フォルダ」を転送するには、新しく作成したファイル(または2番目に接続したファイル)ではなく、Outlook.pstファイルを見つけてコピーするだけで十分であることを知っています。 「7」では、ここにあります:C: Users %USERNAME% AppData Local Microsoft Outlook Outlook.pst、%USERNAME%はユーザー名(または、ユーザープロファイルが配置されているフォルダーの名前) 。ちなみに、クラッシュしたオペレーティングシステムが別のディスク上にある場合、ディスクにC:がない場合もあります。しかし、「アカウント」の設定を転送する方法は?まあ、いくつかのピースがあった場合-あなたは簡単かつ簡単にそれらを再び作成することができます。そして、それらの少なくとも10があったら?!そのためには、クラッシュしたシステムをユーザープロファイルレジストリからプルし、次のブランチを現在のプロファイルにインポートする必要があることがわかります。
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Office Outlook OMI Account Manager
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Windows NT CurrentVersion Windows Messaging Subsystem Profiles Outlook
HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Office %office version% Outlook Optionsここで、%office version%は、使用するバージョンに応じて11.0、12.0、14.0などです。

これを行うには、次の手順を実行します。

1. Regedt32を開き、メニューの[ファイル]-> [ハイブのロード...]を使用して、障害が発生したシステムのプロファイルからNTUSER.DATに接続します。 [HKEY_USERS]セクションに移動し、[ファイル]-> [ハイブのロード...]を選択して、プログラムを古いプロファイルのNTUSER.DATファイルにポイントする必要があります(クラッシュしたシステムの[ユーザー]または[ドキュメントと設定]フォルダーにあります)。 Regedt32プログラムは、接続されたブランチの名前を尋ねます。たとえば、「1234」と名前を付けましょう。

2.接続したばかりのブランチ「1234」で、上記の3つのブランチを検索し、* .regファイルにエクスポートします。ここでのみ、もちろん、彼らは「HKEY_CURRENT_USER 」ではなく、「HKEY_USERS 1234 」で始まります。目的のブランチを* .regファイルにエクスポートするには、目的のブランチに移動し、[ファイル]-> [エクスポート...]メニューからエクスポートします(エクスポートするファイルの目的の名前と場所を指定する必要があります)。レジストリ内の3つのパスすべてで同様のアクションを実行し、3つのregファイルを取得します。

3.メモ帳で受け取った3つのregファイルを1つずつ開き(たとえば、エクスプローラで右ボタンを押して、ポップアップメニューの[編集]項目を選択します)、[HKEY_USERS 1234]を[HKEY_CURRENT_USER]に置き換えます。これにより、インポート中の情報が現在のプロファイルに入り、現在の情報が上書きされます。

4.現在の設定もエクスポートすることを強くお勧めします。これにより、何か問題が発生した場合にすべてを復元することができます。これを行うには、レイジーにならず、現在のパスについてのみ、ポイント2のすべての手順に従います(「HKEY_CURRENT_USER」セクションを操作する必要があります)。これで、問題が発生した場合に、この手順で受信したファイルをインポートして、設定の現在の状態を復元できます。

5.次に、Outlookを実際に閉じ(開いていた場合)、手順3で取得したファイルをインポートします。Windowsエクスプローラーでそれらを開き、警告に肯定的に応答します。

それだけです! Outlookを開くと、既製の「アカウント」の完全なリストが表示されます。この方法でこれらのレコードのメールボックスへのパスワードは転送されません(ただし、古いプロファイルからはまったく転送できないようです!)、それらを覚えておいてください(または「パスワードを忘れました」changeで変更します)。

移動する他のファイル

Outlookの使用方法によっては、追加のファイルを転送する必要がある場合があります。これらのファイルを以下にリストします。

  • 完了リスト
  • キャプション
  • ブランク
  • スパムフィルターリスト
  • ルール

これらのファイルの移動の詳細については、この記事の最後のセクション「他のOutlookファイルの移動」を参照してください。

ステージ1.古いコンピューターからファイルをコピーする

古いコンピューターでOutlookを閉じます。 .pstファイルが保存されているフォルダーを開きます。デフォルトの場所に関する指示が提供されます。データファイルが別のフォルダーに作成されたか、別のフォルダーに移動された場合は、このフォルダーを開きます。

フォルダーは既定で非表示になっているため、最も簡単に開くには、[スタート]メニューで%USERPROFILE% Local Settings Application Data Microsoft Outlookコマンドを実行します。

  • Windows 7 [スタート]ボタンをクリックします。 [シャットダウン]ボタンの横にある[プログラムとファイルの検索]ボックスで、%USERPROFILE% Local Settings Application Data Microsoft Outlookと入力し、Enterキーを押します。

  • Windows Vista [スタート]ボタンをクリックします。 [シャットダウン]ボタンの横にある[検索]ボックスに、%USERPROFILE% Local Settings Application Data Microsoft Outlookと入力し、Enterキーを押します。

  • Windows XP [スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックして、%USERPROFILE% Local Settings Application Data Microsoft Outlookと入力し、Enterキーを押します。

Enterキーを押すと、Outlookデータファイルが保存されているフォルダーが開きます。

注Outlook 2010以降、新しいOutlookデータファイル(.pstファイル)はすべて、Outlook FilesサブフォルダーのDocumentsフォルダーに作成されます。 Outlookアプリケーションが古いコンピューターでOutlook 2010にアップグレードされた場合、.pstファイルは両方のフォルダーに配置できます。古いコンピューターでOutlook 2010を使用した場合は、必ず両方のフォルダーを確認してください。

多くのOutlookユーザーは、通常Outlook.pstと呼ばれる1つのOutlookデータファイルしか持っていません。インターネットカレンダーやSharePointリストの購読など、他のOutlookデータファイルにも気付く場合があります。これらの2つのファイルには、新しいコンピューターに再ダウンロードできるサーバーに保存された情報が含まれているため、これらのファイルを転送する必要はありません。すべてのオフラインOutlookデータファイル(.ostファイル)は、オフラインExchange Serverアカウントファイルです。 Outlookオフラインデータファイル(.ostファイル)は、サーバーからのデータのコピーを保存するため、移動する必要はありません。ただし、大きなファイルをダウンロードしたくない場合は、記事「オフラインOutlookデータファイル(.ost)の移動」を参照してください。

注デフォルトでは、Windowsのファイル拡張子は非表示です。 Outlookデータファイル(.pstファイル)とオフラインOutlookデータファイル(.ostファイル)の両方について、Type属性はOutlookデータファイルに設定されます。ファイル拡張子の表示を有効または無効にするには、[ツール]メニューから[エクスプローラー]を選択します(Windows 7またはWindows Vistaで[ツール]メニューを表示するには、Altキーを押します)フォルダーオプション。 [表示]タブで、[登録されているファイルの種類の拡張子を非表示にする]チェックボックスをオンまたはオフにします。

古いコンピューターのOutlookの電子メールアカウントに関連付けられているデータファイルを確認するには、次の手順を実行します。

  • Outlook 2010 [ファイル]タブをクリックします。 [アカウント設定]ボタンをクリックし、[アカウント設定]を選択します。 [データファイル]タブには、データファイルとその場所が表示されます。
  • Outlook 2007 [ツール]メニューの[アカウント設定]をクリックします。 [データファイル]タブには、データファイルとその場所が表示されます。
  • Outlook 2003 [ツール]メニューの[アカウント設定]をクリックします。 [データファイル]タブには、データファイルとその場所が表示されます。

重要なarchive.pstファイルがフォルダーに存在する場合、またはOutlookデータファイル(.pstファイル)がアーカイブまたはバックアップとして作成された場合、これらのファイルもコピーする必要があります。コピーする必要がある追加のOutlookデータファイル(.pstファイル)が正確にわからない場合は、それらすべてをコピーするのが最も信頼できます。

ステージ2.ファイルを新しいコンピューターにコピーする

Outlook 2010以降、新しいOutlookデータファイル(.pstファイル)はすべて、Outlook FilesサブフォルダーのDocumentsフォルダーに作成されます。

  1. DocumentsフォルダーのOutlook Filesサブフォルダーを開きます。フォルダーが存在しない場合は作成します。
  • Windows 7手順については、「Windows 7でフォルダーを作成する」を参照してください。
  • Windows Vista手順については、「Windows Vistaでフォルダーを作成する」を参照してください。
  • Windows XP手順については、「Windows XPでフォルダーを作成する」を参照してください。
  1. 古いコンピューターからOutlook Filesフォルダーにファイルをコピーします。

Outlook 2010は起動しませんでした

  1. Outlookアプリを起動します。
  2. メールアカウントを追加するには、画面の指示に従います。

[新しいアカウントの追加]ダイアログボックスでアカウントを追加すると、おめでとうございます!が表示されます。

[完了]をクリックしないでください。

  1. ダイアログボックスの下部で、[設定を手動で構成する]チェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。
  2. [新しいメッセージを配信する:]セクションで、[既存のOutlookデータファイルへ]を選択します。
  3. [参照]ボタンをクリックします。
  4. 移動したOutlookデータファイル(.pst)ファイルをクリックし、[OK]をクリックします。
  5. [次へ]をクリックし、[完了]をクリックします。

Outlookが開くと、古いデータがナビゲーション領域のフォルダーに表示されます。新しいメッセージは、ローカルコンピューターの同じフォルダーおよびOutlookデータファイル(.pstファイル)に保存されます。

Outlook 2010は新しいコンピューターで既に実行されていましたが、ローミングメールアカウントはまだ構成されていません

新しいOutlookプロファイルを作成することをお勧めします。プロファイルには、アカウント、データファイル、および電子メールメッセージの保存場所に関する情報を含む設定が含まれます。

新しいプロファイルの作成はオプションですが、これによりインポートされたデータへのアクセスに関する問題の可能性を減らすことができます。新しいプロファイルを作成する場合、既存のプロファイルに既に追加されている場合でも、使用されるすべてのメールアカウントを追加する必要があります。

オプション1.新しいプロファイルを作成する
  1. コントロールパネルで、メールアイテムをクリック(1回または2回)します。

コントロールパネルの[メール]アイコンの場所

メールアイコンの場所は、Microsoft Windowsオペレーティングシステムのバージョン(32ビットまたは64ビット)、コントロールパネルビュー、およびOutlook 2010のバージョンによって異なります。

メールアイテムを見つける最も簡単な方法は、Windowsでコントロールパネルを開き、ウィンドウ上部の[検索]フィールドに「メール」と入力することです。 Windows XPのコントロールパネルで、[アドレス]フィールドに「メール」と入力します。

Outlookを最初に起動すると、メールアイコンが表示されます。

  1. [メール設定]ダイアログボックスのタイトルバーには、現在のプロファイルの名前が表示されます。別の既存のプロファイルを選択するには、[表示]ボタンをクリックし、プロファイル名を選択して[プロパティ]ボタンをクリックします。
  2. [表示]コマンドを選択します。
  3. [追加]ボタンをクリックします。
  4. プロファイル名を入力し、[OK]をクリックします。
  5. メールアカウントを追加するには、画面の指示に従います。

[新しいアカウントの追加]ダイアログボックスでアカウントを追加すると、おめでとうございます!が表示されます。

[完了]をクリックしないでください。

  1. ダイアログボックスの下部で、[設定を手動で構成する]チェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。
  2. [新しいメッセージを配信する:]セクションで、[既存のOutlookデータファイルへ]を選択します。
  3. [参照]ボタンをクリックします。
  4. 移動したOutlookデータファイル(.pst)ファイルをクリックし、[OK]をクリックします。
  5. [次へ]をクリックし、[完了]をクリックします。

複数のプロファイルを使用する場合、Outlookの起動時にプロファイル選択要求を構成できます。この要求が無効になっている場合、デフォルトのプロファイルが使用されます。 Дополнительные сведения о запросах профилей см. в статье Включение и отключение запроса профиля.

  1. В разделе При запуске Microsoft Outlook использовать этот профиль: выберите параметрзапрашивать конфигурацию или использовать конфигурацию.

  1. Чтобы закрыть диалоговое окно Почта, нажмите кнопку ОК.

Вариант 2. Сохранение текущего профиля
  1. Запустите приложение Outlook.
  2. Откройте вкладку Файл.
  3. В разделе Сведения об учетной записи нажмите кнопку Добавление учетной записи.
  4. Чтобы добавить учетную запись электронной почты, следуйте инструкциям на экране.

ПРИМЕЧАНИЕ. Полные сведения о добавлении учетных записей см. в статье Добавление или удаление учетной записи электронной почты.

После добавления учетной записи в диалоговом окне Добавить новую учетную запись появится надпись Поздравляем!.

  1. В нижней части диалогового окна установите флажок Настроить параметры вручную и нажмите кнопку Далее.
  2. В разделе Доставлять новые сообщения: выберите пункт В существующий файл данных Outlook.
  3. [参照]ボタンをクリックします。
  4. 移動したOutlookデータファイル(.pst)ファイルをクリックし、[OK]をクリックします。
  5. [次へ]をクリックし、[完了]をクリックします。

Outlook 2010は新しいコンピューターで既に実行されており、ローミングメールアカウントは既にセットアップされ、使用されています

新しいOutlookプロファイルを作成することをお勧めします。プロファイルには、アカウント、データファイル、および電子メールメッセージの保存場所に関する情報を含む設定が含まれます。

新しいプロファイルの作成はオプションですが、これによりインポートされたデータへのアクセスに関する問題の可能性を減らすことができます。新しいプロファイルを作成する場合、既存のプロファイルに既に追加されている場合でも、使用されるすべてのメールアカウントを追加する必要があります。

このシナリオは、以下で説明する状況に対応しています。

  • Outlook 2010には、新しいコンピューターで既に電子メールアカウントが構成されています。
  • メッセージは既に送受信され、カレンダーアイテム、連絡先、タスク、またはメモが​​追加されているため、このデータを保存する必要があります。

このタスクを完了するには、古いコンピューターのデータファイルの情報を、新しいコンピューターで既に使用されているデータファイルと結合する必要があります。

新しいコンピューターに既に保存されているデータが不要な場合は、アカウントを削除し、新しいコンピューターでOutlook 2010が既に起動されているセクションに戻るが、ローミングメールアカウントがまだ構成されていないため、2つのオプションのいずれかを選択できます。両方のデータファイル(古いコンピューターと新しいコンピューター)からメッセージやその他のアイテムを保存する場合は、このセクションの指示に従ってください。

オプション2:既存のプロファイルを使用する
  1. Outlookアプリを起動します。
  2. [ファイル]タブをクリックします。
  3. [アカウント情報]セクションで、[アカウントの追加]をクリックします。
  4. メールアカウントを追加するには、画面の指示に従います。

注アカウントの追加の詳細については、「メールアカウントを追加または削除する」を参照してください。

[新しいアカウントの追加]ダイアログボックスでアカウントを追加すると、おめでとうございます!が表示されます。

  1. ダイアログボックスの下部で、[設定を手動で構成する]チェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。
  2. [新しいメッセージを配信する:]セクションで、[既存のOutlookデータファイルへ]を選択します。
  3. [参照]ボタンをクリックします。
  4. 移動したOutlookデータファイル(.pst)ファイルをクリックし、[OK]をクリックします。
  5. [次へ]をクリックし、[完了]をクリックします。

他のOutlookファイルを移動する

Outlookの使用方法によっては、追加のファイルを転送する必要がある場合があります。これらのファイルを以下にリストします。

  • オートコンプリートリストオートコンプリートは、To、Cc、およびBccフィールドに名前と電子メールアドレスを入力するときにオプションを提供するOutlook 2010およびOutlook 2007の機能です。提案されたオプションは、以前に送信された電子メールメッセージの名前と電子メールアドレスのリストから取得されます。このリストの移動については、別のコンピューターからオートコンプリートリストをインポートするをご覧ください。

注Outlook 2010では、オートコンプリートリストは、拡張子がNK2のファイルに保存されなくなりました。オートコンプリートリストアイテムは、アカウントのMicrosoft Exchange ServerメールボックスまたはOutlookデータファイル(.pst)に保存されるようになりました。ただし、POP3アカウントを使用した別のコンピューターから完了リスト(NK2ファイル)をコピーする場合は、このファイルを新しいコンピューターにインポートする必要があります。詳細については、別のコンピューターからの完了リストのインポートまたはビデオ:完了リストアイテムのインポートビデオを参照してください。

  • 署名送信したメッセージに個人の署名を追加できます。これらの署名は別のコンピューターに転送できます。署名の移動については、「電子メールメッセージの署名を別のコンピューターにコピーする」を参照してください。
  • フォーム古いコンピューターから新しいコンピューターにフォームを移動する方法については、「フォームを別のコンピューターにコピーする」を参照してください。
  • スパムフィルターリストリストアイテム信頼できる送信者、信頼できる受信者、ブロックされた送信者は、古いコンピューターからエクスポートして新しいコンピューターにインポートできます。詳細については、「スパムフィルターリストからアドレスをエクスポートする」を参照してください。
  • ルールルールはExchange Serverアカウントのメールボックスまたは他のアカウントの.pstファイルに保存されるため、あるコンピューターから別のコンピューターに手動で転送する必要はありません。問題が発生した場合、ルールを手動でエクスポートおよびインポートできます。詳細については、「ルールセットをインポートおよびエクスポートする」を参照してください。

ミックス
開発者Loco、Yii、CodeIgniter、MODx、およびその他のツールのWeb開発に関する記事の著者。 Team Senseの作成者。

Pin
Send
Share
Send
Send